浮気がバレた!夫が懲りる瞬間とは

あなたに浮気がバレた瞬間、ご主人は『ヤバイな』という気持ちとともに、あなたの次のリアクションを予測しています。

あなたが激しい口調で怒りをぶつけてくるのか、それとも、顔を両手で覆って泣きだしてしまうのか、それとも、皿や目覚まし時計を投げつけてくるのか、それとも、思いっきりビンタが飛んでくるかもしれないなどと思いながら、どうやってこの局面を乗り越えようかと必死で考えているはずです。

そして、もっともらしい嘘や言い訳を探しながら、一方では、『いや、むしろ素直に謝って、今回だけは許してくれるように懇願したほうが・・・』などと、あなたの怒りを何とかかわすために、頭の中はフル回転していることでしょう。

妻に浮気がバレて修羅場になることは、夫にとっては確かに最悪な場面です。

でも、もっと最悪なのは、妻の怒りの対象が自分だけにとどまらず、相手女性や知られたくない相手に及んでしまうことです。

たとえば、相手女性に対して慰謝料請求されたり、親や子供を巻き込んだ家族会議になってしまったり、職場不倫なら職場で問題になるとか、ダブル不倫なら相手女性の夫に訴えられるなど、妻との間だけで収まりがつかなくなるのは、ご主人としては何としても避けたい事態です。

特に、相手女性に対しては、こんな場面になってでも、メンツやプライドを気にしますので、妻に怒りの電話をかけられて『ウチの主人があなたとの関係を認めました。慰謝料請求させてもらいますから』なんていう現実は、もはや悪夢でしかなく、男としては『いっそ殺してくれ』と思うくらいこの上なくカッコ悪いことです。

ただ、妻としては、別に夫を公開処刑したいわけではなく、『浮気をやめてもらいたい、自分のしたことを反省して、改めてもらいたい』だけで、決して夫を追い詰めることが目的ではないはずです。

なるべくなら、大ごとにせず、夫婦だけの問題として終わってくれるのに越したことはありませんが、問題は、どの段階でご主人が「懲りてくれるか」です。

これはご主人の性格にもよりますが、妻に浮気がバレてしまい、それなりの修羅場を味わったことで「懲りる」人もいますし、実際に妻に相手女性や家族に対するアクションを起こされて、大ごとになってから「懲りる」人もいます。

いずれにしても、夫婦関係を修復していくためには、ご主人自身が『浮気をしたらこういうことになるのか。こんな思いをするくらいなら、もう浮気なんかコリゴリだ』と思ってもらうことが必要です。

つまり、夫にしっかり懲りてもらうことも、夫婦の再出発のためには大事なことですし、それでこそふたりが改めて修復のスタートラインに立てるということも、確かに言えると思います。

問い合わせ