反省文を書いた夫に妻は、、、、、

先日、結婚17年目の51歳の男性から、こんなお話を伺いました。

『私の不倫が発覚して、反省してる証として『反省文を書いてほしい』と妻に言われました。私はそれを書いて妻に渡しました。でも、読んだとたん、妻は私にそれを突き返してきました。『もう一度書き直して』というんです』

どんな文面だったんですか?とお尋ねすると、それは以下のような内容でした。

このたびは不倫をしてしまい、大変申し訳ございません。

二度とこのようなことは致しません。

深く反省しております。今後は夫として恥ずかしくない行動をとることを約束します』

(ああ、これでは突き返されてしまうでしょうね)と正直ね、思いました。

なんだか会社の始末書みたいじゃないですか。

そこで私は、あくまでも『ヒント』という前置きのもとで、つぎのようにお話しました。

『奥さまはどんな言葉が欲しかったんでしょうか。

どんなことを思い出して欲しかったんでしょうか。

奥さまは気づいてほしかったことがあったはずです。

夫婦で積み上げてきた時間のなかで、ご主人を信じてこられた奥さまの想い、信頼関係はご主人の不倫によってすべて破壊されてしまった。

その中で、もう一度やり直したいと思うなら、ご主人はいま何を思い、何に気づき、どれだけ本気で取り戻そうとされているのか。

そのために、これからどう変わっていこうとされているのか。

奥さまは、それを確かめたいんじゃないでしょうか?』

その方は、はっと何かに気づかれたようでした(^-^;

反省とは、これまでの自分をあらため、新たに変わるということです。

悪かったと謝るだけが反省ではないのです。

その方は反省文を書き直して奥様に見せました。

奥さまは涙ながらに、『私はこの言葉がほしかったのよ』と言ってくれたそうです。

そして、『どうしてこれが初めから書けなかったの?』と詰め寄られたそうです。

ともあれ、奥さまにはしっかり気持ちを伝えることができたようで、それはとても良かったです!(^^)!