夫婦がやり直していくうえで、一番大事なことはなんですか?

「妻とやり直していくうえで、一番大事なことはなんですか?」と聞かれることがあります。

もちろん、浮気相手との関係がきっぱりと終わっていることが大前提です。

そのうえで、ご主人の行動に不信感がないこと。

つまり、奥さまに言えないようなことはやらない。嘘をつかない。隠しごとをしない。

それから、ご夫婦で再出発できる環境を整えること。

たとえば、相手女性のことを思い出させるようなものが身近にあったり、フラッシュバックの要因があるなら、できるかぎりそれを排除して、不安を取り除いてあげること。

どれが一番大事かではなく、全部大事です。ぜんぶやらないとだめです。

でも、それをしていれば十分かといえば、多くの男性が見落としがちなことがあります。

それは、『妻の思いを理解すること』

あえていえば、これが一番大事ってことになるかもしれません。

先日、結婚1年目のA子さんからこんなお話を伺いました。

A子さんは、LINEの内容からご主人が職場の女性と浮気をしていることに気づきました。

その女性はA子さんにとっても元同僚で、結婚式にも参列してくれた人でした。

A子さんは夫に話すべきか悩みましたが、あえて問い詰めることはせず、しばらく様子を見ることにしました。

ご相談いただいたときには、『正直、言えなかったということもあります。問いただすことも、私なりに勇気がいりましたし、できれば主人が自分から彼女と終わってほしかったんです。そしたら私は、何も知らなかったふりで、今回だけは目をつぶるつもりでした』と仰っていました。

実はA子さんのように、夫の浮気に気づきながらも、あえて黙っているという方も珍しくありません。

言ったところで証拠がないと否定されるだろうし、逆ギレされても怖いし、もしかしたら明日には終わってくれるかもしれないし……(ただ実際には、夫が自ら浮気を終わらせてくれるケースはなかなかないです)

A子さんは、次のようにも仰っていました。

「昨日は、ワイシャツに香水の匂いがついていました。たぶん彼女のものでしょう。

無造作に洗濯かごに脱ぎ捨ててあって、「これを私に洗わせるの?」と心の中で泣きました。

それでも、私はできるだけ明るく振る舞い、今朝も手を振って「いってらっしゃい」と主人を送り出しました。

どっと疲れます。そのあとは何も手が付きません。何もする気力がありません。

夕方になると、主人のために食事を作り、できるだけ平静を装って帰りを待っていますが、最近は帰宅が深夜になることも多くて、私の作った食事もほとんど食べないか、ちょっとつまむ程度です。

夫婦の会話もほとんどなく、主人からの視線もどこか冷たい気がします。

結婚してまだ1年です。子どももいません。

仕事をやめて専業主婦になって、外の世界と切り離された気がしていますが、主人と一緒になれたことが、私の幸せのすべてでした。

今も主人とやっていきたい気持ちに変わりはありません。

でも、主人にとって、私はいったい何なんでしょう?

私が、どんな気持ちで主人の帰りを待っているか、きっと彼は考えたこともないと思います。

食べてもらえない食事を作って、一人で震えながら泣いて、悪い夢だと思いたくても、これが現実で逃げることもできなくて、辛くて、悲しくて、情けなくて……この気持ちを、今の主人は決してわからないと思います……」

もし、A子さんがあなたの奥さまだったとしたら、あなたはどんな言葉をかけられますか?

反省、謝罪、後悔、、、、もちろんそれもありますが、何よりも大事なのは、こうした奥さまの気持ちに気づいて、そこにあなたの思いを重ねていくこと。

それが軸となって、すべてはそこから波及していくものだと、私は思うのです。