夫が相手女性と別れた後もメールしています……

あるご相談者様からのメールです。

『夫が職場不倫をしていました。相手は部下として働く独身の女性です。

私が問い詰めると関係を認め、『彼女とは別れる、もう二度と浮気はしない』と約束してくれました。

しかし、夫はその後も女性とメールを交わしているようなのです。

彼女からのメールはすべて削除されているのですが、一通だけ、夫が消し忘れた送信済みメールが残っていました。

『ちゃんと別れるから』と言っておきながら相手とメールを続ける夫。 いったい、どういうつもりなのでしょうか?』

上記の事例のように、夫が『彼女とは別れるから』と約束してくれたものの、その後もメールのやりとりが続いているケースは少なくありません。

妻としては当然ながら、すぐにでも女性との関係を切ってくれて、浮気を終わらせてくれるものと期待しますよね。

でも夫のほうが、妻には約束したものの、すぐに相手女性に別れ話を切り出すことができず、どちらかといえば自然消滅の形で『徐々に終わらせたい』と考えていることもよくある話です。

その場合は、本人の意識の中では、1~3か月くらいかけてフェードアウトするつもりでいることもあります。

また、本人はすぐに別れるつもりでいても、相手女性のほうが別れることを頑なに拒否したり、『奥さんと離婚してくれるって言ったじゃない!』と涙ながら訴えてきて、どうしても拒むことができず、ずるずると関係が続いてしまうこともあります。

そのため、『彼女とは別れるから』という話が出たときには、『いつまでに』という期日を定めることがとても大事なポイントです。

もちろん、自然消滅のを目論む夫から『あと3か月間待ってほしい』と言ったからといって、それを聞く必要はありません。

それは身勝手な主張にすぎませんし、長引かせて良いことはないからです。(あなたが妻として、それを容認できる場合は別です)

ただ、実際にいろいろな方をお話を伺っていると、夫が相手女性に別れ話をした場合でも、相手がすぐに承知しなかったり、一度だけできっぱり別れられない場合もあり、2回程度は会って話をしたり、数日程度はやりとりが続いてしまう(ほとんどの場合、そのことは妻には秘密にします)ことが、かなりの割合で起こっています。

そのため、あらかじめ数日程度の猶予を与えたうえで『〇月〇日までに、ちゃんと終わらせてほしい。そうしないと、私が動くしかなくなってしまうから』と伝えるほうが、夫自身もよく考えてることができますし、いきなり『明日から絶対にやりとりしないで!』と無理やり約束させるよりも、結果的にはしっかり終わってくれる可能性が高いです。

そのうえで、期日を過ぎたら、一切のやりとりはやめてもらいます。

逆にいえば、約束した期日を過ぎてもなお相手女性との関係が続いていたら、それは理由が何だろうと明確な裏切りです。

その場合は、妻として『あなた』が動くしかないかもしれません。

そしてそれは、ご主人が自分で女性に決着をつけるよりも、より大ごとになってしまうことは言うまでもありません。