浮気に理由をつけたがる夫の心理

妻に浮気がバレてしまったときに、「家庭の自分の居場所がなかった」とか「お前のこういうところが不満だった」といったことを挙げて、「だから浮気したのはしかたないことだった」というオチをつけたがる男性が少なくありません(>_<)

そして、まじめな女性ほど、その言葉を真にうけて、『私がいけなかったんだ。もっと良い妻になろう』とか、『もっと居心地のよい家庭にしなければ』と考え、努めて笑顔で明るく振舞い、夫のために良い妻を演じるようになって、結果的に自分自身に重い重圧をかけていってしまう傾向があるのです。

でも、基本的に男の浮気に対する行動原則なんて、『欲』から始まって、後から理由を並べるパターンが大半ですから、そこはあまり真に受けず、「ああ、苦し紛れに言い逃れしてるのね」といった程度に受けながしたほうがいいです。

実際に妻に浮気を問いただされたとき、夫が口にする主張としては、

・妻が育児や仕事に追われてて、かまってくれなかったから。
・妻が、セックスは子作りのための行為としか思ってないから。
・妻に求めてもなかなか応じてくれないから。
・妻がおばさん化するから。相手女性が、妻に無いものを持っていたから。
・長く夫婦をしていて刺激が無くなったから。昔のようにドキドキ感が欲しかったから。
・結婚生活が長くなると、妻に対する愛情がなくなってくるから。
・妻より若い子が好意を寄せてくれて、自分の事情も理解してくれたから。
などです。

さて、目をとおしてみて、いかがですか?

『勝手な理由ばっかり。腹が立ってしょうがないわよ。ナニよ?これ?』

『どれもこれも、くだらない理由ばっかりだわ』

ですよね?そう思いますよね?

そうなんです。

夫が妻に対して不満に思う理由なんて、こうして書き出してみれば、だいたいは身勝手なものばかりです。

つまり、「俺が浮気をしたのは、オマエのせいだ!」と言われたとき、大半の理由は、あなたがまともに取り合う必要の無いものばかりだということです。

そもそも浮気というのは、理由ありきでやることではありません。

浮気が始まるきっかけのほとんどは、たまたま好みの女性が職場や身近にいて、ちょっと軽い気持ちで近づいたらうまくいって、意外にモテたもんだから嬉しくなって、もったいないんで、こっそりメールのやりとりをしたり、休みの日に仕事だといってデートしてみたり、恋人気分を味わってみた、みたいな感じです。

そして、刺激を求めてブレーキがかけられないくらい理性が吹っ飛んでいる状態か、とりあえず今を楽しみたいといった思考から浮気になるんです。

つまり、その女性との関係が『欲しかった』ことがほんとうの理由です。

でも、それを夫自身が認めてしまうと、まったく言い訳も申し開きもできなくなってしまうので、あれこれとあなたが怯むような理由を並べて、いくらかでも立場を守りたいと思っているんです。

ですので、もしもご主人からそういう話をされてきたら、その主張はほぼ後付けで、自分が責められないように防衛線を張っているだけだということと、あなたが自分を悪く思うことは全くないということを、まず思い出すようにしてくださいね。

 

問い合わせ