浮気に理由をつけたがる夫の心理

浮気がバレてしまったときに、『どうして浮気なんかしたの?』と問われると、「家庭の自分の居場所がなかった」とか、妻に対して「お前のこういうところが不満だった」といったことを挙げて、「だから浮気したのはしかたないことだった」というオチをつけたがる男性が少なくありません(>_<)

で、妻のほうも「う~ん、そう言われたら、そういうこともあるかも」と変に納得してしまうところもあって、やもすると「私が悪かったから夫は浮気したんだ」と自分を責めてしまう方もいらっしゃいます。

でも、基本的に男の行動原則なんて、『欲』から始まって、後から理由を並べるパターンが大半ですから、そこはあまり真に受けず、「ああ、苦し紛れに言い逃れしてるんだな」といった程度に受けながしたほうがいいです。

仮にですが、もしもご主人が、本当にあなたに対して不満があったり、なにか言いたいことがあったなら、浮気なんかする前に、ご主人のほうからちゃんと夫婦で話し合うことをすればよかっただけですし、そもそも浮気というのは、理屈でやることではありません。

頭の中では「これはいけないことだ」とわかっていたとしても、ブレーキがかけられないくらい理性が吹っ飛んでいる状態か、もしくはブレーキをかけるという思考自体が働かないから、浮気になるんです。

つまり、その女性との関係が『欲しかった』ことがほんとうの理由です。

でも、それを夫自身が認めてしまうと、まったく言い訳も申し開きもできなくなってしまうので、あれこれとあなたが怯むような理由を並べて、いくらかでも立場を守りたいと思っているんです。

ですので、もしもご主人からそういう話をされてきたら、その主張はほぼ後付けで、自分が責められないように防衛線を張っているだけだということと、あなたが自分を悪く思うことは全くないということを、まず思い出すようにしてください。

これに関する記事はほかにも書いたことがあるんですけど、浮気されて辛い思いをしながら、さらに自分を責めてしまう方がとても多いので、しつこいくらい書いておきますね。

マーカー夫が浮気した理由…だから私は浮気した

問い合わせ