ダブル不倫をする男性心理

ダブル不倫~いうまでもなく互いに妻や夫がいて、それを承知のうえで不倫関係を結んでいる状態ですが、このときの男性と女性の心理には、いつしか大きな隔たりが生じていくことがあります。

女性の場合、初めは相手男性の誘いが刺激的だったり、恋心に火がついて関係が始まっていくわけですが、次第に自分の心の中で相手の存在が大きくなってしまい、いつしか『将来的には一緒になりたい』とか『自分の本当に愛すべき人は夫ではなく、この人なのだ』という思いを真剣に持って、『本気』でその男性を愛していくことが少なからずあります。

ところが男性のほうは、ダブル不倫イコール、『割り切った大人の関係』という認識でいることがたいへん多いです。

『割り切った大人の関係』というのは、不倫をしながらも、『家庭を犠牲にしない』『互いに束縛や干渉をしない』『セックスの相手として会いたいときに会う』『別れるときにも後腐れなく別れられる』といった意味合いを含み、男性にとってまるで免罪符のような言葉なわけです。

またダブル不倫をする男性の多くは、相手女性の心をつなぎとめようとして『妻とはもう終わっている』とか『妻とは会話もほとんどない』とか『離婚するつもりでいる』といったことを頻繁に口にする傾向があります。

ところが実際には、妻と普通に会話もするし、休みの日には一緒に買い物や食事に出かけたりもするので、相手女性からみると、『彼の言葉と行動が合致していない。私とは遊びのつもりなのかしら?』と憤慨する結果となるわけですが、そもそも男性のほうは、今の生活や家庭を犠牲にすることなく、自分の『欲』の部分のみを満たしたいだけなので、家庭の中の振る舞いにまで口を挟まれることを非常に嫌がります。

そのため、相手女性が本気になればなるほど、男性のほうは「そろそろ潮時かな」と思うようになり、彼女に対する思いがトーンダウンしていくことも珍しくありません。

でも、相手女性にだって、『感情』というものがありますし、いままでさんざん『聞こえの良い話』を彼から聞かされているだけに、『簡単には引けないわ』と執着心を燃やしていくことは十分にあり得ることです。

そして、相手女性の性格や心理状態によっては、自分の家庭や生活が脅かされてしまい、その現実に今更ながら後悔し、困り果てている人も少なからずいるのです。

男性諸兄は、こうした不倫には必ず自らが負わなくてはいけなくなる『責任』が伴っていくことを、よく自覚していただきたいものです。

問い合わせ