離婚を切り出すときの実際の事例(事例その2)

(前はこちら)

41歳夫
ウチは夫婦喧嘩が原因です。

さんざん言い合ったついでに、「頭を冷やして冷静に考えたいから、しばらく別居してくれ」と言って、その日のうちに出て行ってもらいました。

別居にさえ持って行ければ、別居状態がある程度長期間になれば、離婚が認められますので、そのほうが有利だと考えています。

ただ、気をつけるのは、離婚が認められるのは、互いが同意した別居の場合です。 家出はだめです。

あと、別居中の生活費とか請求されてしまう場合もあります。

32歳妻
何年間も離婚したいと言い続けていました。でも、夫にはまったく応じる気持ちがないとようで、ついにぷち~ん、とキレました。そして、今までのたまり溜った全ての不満を吐き出し暴れました。

あまりに壮絶な暴れ方だったので、だんなは恐れおののいて、出て行ってくれました。

現在は別居中です。

キレた私もおとな気ないですが、離婚理由は夫の浮気と暴力ですから、悪いのは向こうです。

離婚に必要な証拠は、以前からこつこつためていました。同時進行で、離婚後の生活の準備は必要だと思う。仕事の確保、お金、安定した気持ち、離婚後に住むところ。離婚は計画的に。かな??

29歳妻
見合い結婚から3年。夫とは合わないと思ってはいたけれど、決定的な事はなく、我慢していましたが、海外に単身赴任することになり、2年間考えることができました。

いったん離れると、もう二度と、一緒には暮らせないことがよくわかり、旦那の方も同じような状況だったみたいで一時帰国後、赴任先に戻ってから電話で別れる話がまとまりました。子供がいないのですんなり進んだと思います

30歳妻
本気で離婚したくなったときは、理由を明確にして、問答無用で実家に帰るのがいいと思い、実行しました。

やっぱり、実家で親に味方になってもらえれば話は早いです。

親を納得させるイチバンの理由は、喧嘩した、浮気された、殴られた、と愚痴るよりも、意外に「疲れた・・・限界」ということば。そこに凝縮されますから。

グタグタいうより、ただひとこと、「・・・・・もう無理」で、すべてが片付く。

36歳妻
旦那に内緒で少しずつ荷物を実家へ送りました。

仕事へ行ったのを見計らい、離婚届を残し、残りの荷物を持って家を出ました。

突然の事に驚いた旦那から連絡が入り、その時に初めて離婚したいと伝えました。離婚で不利にならない様にする為、離婚に関する本を読みまくる等、計画して行動を起こしました。

29歳妻
仕事の都合で別居できる事が出来て、半年間旦那の元へは一度も帰らず、「もう帰らない」と離婚を切り出し、1年後に旦那が離婚用紙を送ってくれた!

38歳妻
相手の一方的な通告。「もう一緒に暮らせない。別れてくれ」。あとは何を言ってもラチがあかず、結局、私が家を出て別居になりました。現在訴訟中です。

30歳妻
半年我慢して、ほとんど日々の会話もなく、黙っていたら、離婚届を持ってきました。さめてしまった夫婦は、言葉を交わさなくても、もうだめだな、とわかるみたいです。

(事例の続きへ)

問い合わせ