夫の浮気:慰謝料請求のポイント

ここでは、浮気相手に不貞行為の慰謝料を請求する際のポイントを書いておきますね。

慰謝料を請求する場合、まず相手に内容証明を送って直接請求するか、裁判によって支払いを求めるかを決めます。

イラスト内容証明郵便で請求する場合は、本人が事実を認め、支払いに応じさえすればいいので、証拠はなくても問題ないです。

訴訟は弁護士を雇ったり、訴訟費用もかかってくるので、なるべくなら内容証明で請求するほうがよいでしょう。

もちろん、内容証明で請求する際にも、証拠はあったほうがいいのは言うまでもありません。

そのほうが、相手は観念して慰謝料の支払いに応じる確率が高いです。

内容証明郵便は、どんな内容の手紙を、いつ、だれが、だれに出したかというこを、郵便局が証明してくれるものです。

つまり、内容証明郵便で送ったからといって、慰謝料の支払いに対して強制力などは発生しませんし、返答を送る義務が生じるわけでもありません。

でも、普段からこうした書簡を受け取ったことがない相手にとって、それを送られてくるだげで、強い心理的プレッシャーを感じさせることができます。

そして、『今すぐ夫と別れないなら、あなたに慰謝料を300万円請求します』なんて書かれていると、多額の慰謝料を請求されている現実に恐れおののいて、自分からさっさと離れていってしまう相手も少なくありません。

ただ、内容証明を送ることは、ある意味、相手に挑戦状を送ると同じです。

相手がどのような反応を示すかは、相手の性格や受け止め方によっても違います。

特に相手が既婚者だった場合、少しやっかいな問題が起こる可能性もあります。

たとえば、相手女性に内容証明を送って慰謝料請求をしたら、その内容を相手女性の夫が見て逆上し、怒り狂って家に押しかけてきた、などといった事例も実際にあります。

もちろん、そのときの怒りの対象は、内容証明を送った妻に対してではなく、不倫相手であった夫に向けてのものですが……

いずれしても、相手が既婚者の場合には、相手もまた、あなたのご主人を訴えることができる立場にあるということを考慮しておくほうがよいでしょう。

もしも双方での話し合いがつかずに、裁判によって支払い請求をする場合は、裁判所が不貞を認めるだけの証拠を確保することが必要です。

これは、客観的に不貞が確認できるものでなくてはいけないので、たとえば、夫が白状したから確実、といっても、それだけでは証拠にはなりません。

また、相手が、あなたの夫が既婚者だと知っていること(あるいは容易に推認できる状態であったこと)それから、夫婦関係が破綻していないことが条件となります。

問い合わせ