夫の浮気:不貞行為と慰謝料について

不倫(浮気)は、法的には、『不貞行為』といいます。

不貞行為とは、肉体関係がある状態を指しますので、たとえばデートしただけとか、キスしただけというのは不貞行為ではありません。

よく男性が、『俺は浮気はしていない!』と、堂々と言うのは、肉体関係に及んでいないことを逆手にとって、このように言っていることが多いです。

ただ、浮気をされている側からしてみれば、自分以外の相手とデートしたり、キスしているのは、肉体関係があろうがなかろうが、不倫(浮気)されていることは明白ですよね。

私のもとにご相談をお寄せくださる方の大半は、そういう認識のもとに、相手と別れさせたい、浮気をやめさせたいと考えていらっしゃいます。

もちろんそれは当然の話で、『浮気をやめさせる』というのは、肉体関係があろうとなかろうと、相手女性との関係を絶つことを意味するのであって、プラトニックな相手であれば良いという問題ではないですからね。
イラスト
いうまでもないことですが、不貞行為は慰謝料の請求ができます。

浮気をしている夫(または妻)に対してと、浮気相手に対して、それぞれに慰謝料を請求し、支払いを求めることができます。

慰謝料請求の方法は、裁判所を介して支払い命令を下してもらう方法と、直接相手に請求する二通りがあります。

裁判で慰謝料の請求する場合、肉体関係があったことが認められないと、慰謝料の支払い命令は下されません。

ですから、裁判によって慰謝料請求する場合には、相応の証拠が必要になります。

でも、慰謝料というのは、相手が支払いに同意して、払ってくれればいいものなので、実は裁判などしなくても、また証拠がなくても、相手へ直接請求はできます。

ただ、もちろん相手も否定したり、嘘を言ったりすることは考えられますから、そのとき、相手の主張を覆すことができるように、証拠を持っているほうが有利なのは言うまでもありません。

では、証拠を取るにはどうすればいいかというと、一般的には、探偵に依頼するか、自分で証拠を集めていくことになります。

「自分で証拠を集めるなんて難しそう」と思われるかもしれませんが、当サイトでもご紹介しているように、実は、意外に簡単にできる方法もあります。

問い合わせ