浮気の調べ方:肉体関係の有無を調べる

 浮気している夫が、相手女性とセックスをしているかどうかを調べるツールとして、「精液検知薬」というものがあります。

男性は、セックスで射精が終わりシャワーで体を洗い流しても、ペニスに残留 している精液が徐々に排出され下着に付着します。

そのため、夫の帰宅後にこの検査薬を使ってチェックすれば、相手女性との肉体関係の有無を調べることができ、もしも反応があれば、それは浮気の決定的な証拠として確保できます。

その日に下着のチェックが出来なくても、下着を洗わずに保存していれば疑惑チェックは可能です。

精液の反応があった場合鮮やかな紫色スポットが見られます。

アメリカの警察で性犯罪の実証にDNA 鑑定が行なわれる前までは、この方法で検査していたとのことです。

■精液検出の原理・・・・・

精液の付着の有無は性交時に分泌されるカウパー線液(ガマン汁)、精液、前立腺液の中にだけ含まれる酸性フォスターゼの持つ燐酸エステルを加工分解する機能を応用した精液の検出キットです。

たった5分で精液(性交)の有無を判断できる検知薬【浮気チェックメイト】

使い方はカンタン、たった5分で、すぐに結果を確認できます

上記商品は、こちらから購入できます↓

価格:8,780円(税込、送料別)

問い合わせ