夫が浮気するのは、妻に不満があったから?

あるご相談者さまから、「私たちはそれなりに仲良しの夫婦だと思っていたのですが、夫が浮気をしているということは、本当は夫は私に何らかの不満を抱いていたということなんでしょうか?」というご質問をいただいたことがあります。

浮気の理由はさまざまですし、「俺が浮気をしたのはオマエに不満があったからだ!」と逆ギレ気味に言う夫が少なからずいることは確かですが、実際の話として、「浮気する夫」と「妻に対する不満」の間に、それほど深い関連性があるわけではありません。

逆な言い方をすれば、夫の浮気が始まるときに、「さぁ、俺は妻に不満があるから浮気をするぞ!!」って浮気する人って、あんまり居てないと思いますよ。

むしろ、別に妻に対して不満なんて何もないけれど、職場の女性に気が付いたら好意を抱いていた、とか、好意を告げられて「据え膳食わぬは男の恥」とばかりに求めに応じてしまった、というケースのほうが圧倒的に多いです。

もちろんそういうときにも、夫自身にも『恋』をしている意識はあります。

でも、浮気をしている意識まではなかったりしますし、実際浮気とはいえない関係の場合も多いです。

それでも脳内には恋愛ホルモンが出まくって、思考力も判断力も低下している状態です。

いきおい、相手女性からの誘いを断り切れず、「このくらいはいいかな」とか「バレなかったら平気だよね」とか「今日だけ。今夜だけ」みたいな気持ちになっていきます。

要するに浮気って、理屈じゃないので、妻との関係がどうだろうと、始まるときは始まってしまうんです。

実際、妻とは普通に仲のよい夫婦だし、いまの生活も十分幸せだけど、でも、気が付いたら妻以外の女性に恋心を抱いていた、というケースはいくらでもあります。

夫自身、自分が悪いことをしているという意識がないばかりか、現実も見えていない状態ですから、夫婦関係にまで思いがいっていないんです。

妻との関係を現実的に思い出し、そこに思いがいくのは、それが問題になったとき。

つまり、浮気がバレてしまったときです。

必然的に答えを求められますからね。

たとえ『妻より彼女が大事』という感情に傾いていたとしても、いざ実際に家庭を失ってまで不倫相手を選ぶというのは、夫自身にも相当の勇気と覚悟、決断が必要です。

もしも離婚となれば、それにともなって家庭はどうなるか、これからの生活は?子供は?……とあれこれ考えざるを得なくなります。

これらの問題をしっかり認識したとき、本人が何を大切に思い、何を守りたいのか。

同時に、妻としてあなたが何を思うかももちろん大事です。

そのうえで、これからのおふたりが進む方向を判断していくということになると思います。

問い合わせ