浮気相手に夫を奪われた妻の手記⑫

前はこちら

 【解説】

メールの一件のあと、しばらく小康状態があり、何事もなかったように時間が過ぎていますが、実はこの間も、水面下では事態はさらに悪化していきます。

実際、一ヶ月後にはメールから無言電話にかわり、さらに一方的な暴言をぶつける電話に変わっていますね。

一般的に、こうした嫌がらせはどんどんエスカレートしていく傾向があります。

そして、その状況をY子さんが夫に告げたときに、ようやく夫は相手女性の存在を認めますが、そのときの『ごめん、本当にごめん、もう別れるから・・・・・』と言う言葉には、もはやY子さんに対する謝罪も、相手と別れるという決意もなく、ただの言い逃れの響きしかありません。

いってみれば、夫自身が、妻や家庭を守ろうという意思を喪失していって、実質的には、相手女性の思うままになってしまっている状態です。

この状態が進んでいくと、夫の思考がどんどん相手女性側に傾いていってしまい、相手女性の感情的な行動に逆らえずに飲み込まれていっていってしまうのです。

そして、どうせバレでしまったのだからコソコソしていても仕方ない、と急に大胆になったり、妻の目の前で相手女性に電話やメールをしたり、子供の面倒を見なくなる、家庭を顧みなくなる、給料を入れなくなる、督促がくることを承知で借金の返済を踏み倒すなど。

夫として、父親としての勤め、責任を放棄するようになっていきます。

さらに、あからさまに愛人のもとにいることを匂わせる行為を自らが見せるようになり、一方的に離婚を要求してきたり、自分から家を出て、相手女性と一緒に住むための部屋まで借りてしまう、ということも実際にあるのです。

大変残念なことなのですが、この段階まで来てしまいますと、夫婦間の修復は非常に困難です。

もはや夫婦関係を取り戻すためというよりも、生活費や住居など、基本的な生活をするための妻や家族の権利をどう守るか、ということを考えなくてはいけなくなってきます。

こうした最悪の事態に至らないために、早期の対処が必要なのです。

今回ご紹介したケースは、かなり極端な部類かもしれません。

しかし、このように、いわば奇襲攻撃から始まって、執拗に重爆撃を繰り返す女性も現実に存在します。

ですがほとんどの場合、初めに何らかの『兆候』が見られますし、あなたの直感は必ずそれに気づくはずです。

いきおい、その兆候をスルーしないように、見逃さないことが大切になってきます。

問い合わせ