浮気性の夫をどう治すか?

『夫が浮気ばかりして困っています』というご相談を受けることがあります。

いわゆる『浮気性』の男性ですが、結婚して間もないうちから、何回も複数の女性と浮気を繰り返していて、問いただして別れさせても、すぐにまた別の女性と関係が始まってしまうというケースも珍しくありません。

お話を伺っていると、『私が子育てに忙しくて、夫を構ってあげなかったのがいけないのでしょうか』とか、『妊娠、出産のあと、夫とセックスレスになってしまったせいでしょうか』とおっしゃる方もいます。

イラスト でも、浮気性の男性は、妻との関係がどうとか、妻に対する不満とか、セックスの有無は関係なく、他の女性を求めずにはいられない傾向がありますので、もしもあなたのご主人が浮気性だったとしても、あなたが『私のせいで・・・・』とか『私がいけなかったから・・・・』と自分を責めることはありません。

彼らは、自分の性的欲望から女性を求めているという人ももちろんいますが、相手女性を複数キープしていないと安心できない、もしくは愛情が満たされない思いが根底にあって、浮気しないではいられない人も少なくありません。

ちょっと専門的に言うと、これは『回避依存症』に属する傾向です。

この回避依存症の夫の多くは、子供時代に母親の愛情を十分に受けることができなかったり、受け入てもらえなかったり、生い立ちの中で孤独感や疎外感を感じていた過去があります。

そして、妻からも愛されないのではないか、いつか捨てられるのではないかといった、『失うことへの不安』がつのり、結婚しても無意識の中で他の女性をキープしようとしてしまうのです。

まともに考えたら、浮気をすること自体が、一番大事な存在であるはずの妻を失ってしまうかもしれないわけで、彼のしていることはまさしく本末転倒なのですが、本人としては、「妻に愛されている前提」ではなく、「妻にも愛されてない前提」の不安と怖れがあるために、歪んだ行動に支配されてしまうのです。

なお、浮気性は他人が治そうとしてもなかなか改善するものではありませんが、本人の意識と強い決意があれば、かなりの確率で抑制することができます。

具体的には、ご主人自身に、『失うことの恐れ』という心理が自分のなかに存在していて、浮気という行動につながっていることを理解してもらうことと、自分が大切にすべきもの、もしくは自分の一番守りたいものは家族(妻・子ども)であって、あわせて家族の中で頼られている、認められている、必要とされている実感を感じてもらうことで、夫としての自信を持たせていくことが大切です。

それによって、夫は妻の存在を再確認しながら、潜在意識の中で自分の抱いている恐怖心と向き合うこともできますし、心の中にある見捨てられる不安や『失うことの怖れ』をリセットすることができます。

そういうベースを整えた上で、妻や家族の大切さ、自分が『幸せを守る』ことの意思をしっかり持ってもらうことで、浮気という行為が、妻を苦しめ、家族を犠牲にするだけで、自分にとって何のメリットもないということを認識することができ、結果として浮気をやめていく方向に向いていく可能性が高いです。