夫の浮気に気づいていても、なかなか切り出せない……

ご相談くださる方の中には、「夫が浮気をしていることはもう確実なのですが、なかなか話を切り出すことが出来ません」という方もいらっしゃいます。

確かにそうだと思いますし、そのお気持ちはとてもよくわかります。

特に逆ギレ、開き直り系に走る夫が相手の場合、相当な勇気がいると思います。

たとえ話ができたとしても、夫は認めるだろうか?』

『開き直られて、逆に責められてしまうのではないか?』、

『夫から離婚を切り出されてしまうのではないか』などと考えて不安になってしまったり、

『明日になったら、夫は相手女性と別れてくれるかもしれない』という思いから、『もう少しだけ待ってみよう』と思われることもあるかもしれません。

インターネットで検索していると、「夫がキレようと何だろうと、とにかく一歩も引かずに、夫に話しをし続けなさい」みたいなアドバイス(らしきもの)を見かけることがあります。

でも、浮気は人の心が複雑に絡んでくる問題ですし、そういうブルドーザーで草木をなぎ倒していくようなやり方は、まったく予想外の展開になってしまうこともあります。

浮気について話を切り出すときには、できれば証拠などの物的な裏付けも欲しいですし、あなた自身の心の方向性、つまり話し合いの後にどうなりたいのか、という点についても、明確なお考えを持っておくことが大切です。

切り出し方としては、妻としてできるだけ冷静、静かに強く、毅然とした態度で話をするようにします。

たとえば、ある妻が夫の浮気について切り出したときの言い方は以下のようなものでした。

相手女性とのメールに夢中になっている夫に対して、

『ずっと前からわかってたことなんだけど・・・・・・私、もう限界だわ』(少しためらいながら、思いきったように切り出す)

『友達にも、絶対に言っちゃダメって言われていたんだけど・・・・・・もう、耐えられないし、これ以上は無理だわ』

なんだ?なんの話だ?とうろたえる夫に対して、妻は、

『あなた、女の人いるよね。〇〇〇〇(フルネーム)さんって人だよね。今、メールしているその人なんでしょう?』

このフルネームというのがミソです。

ここで「あなた、女の人いるの?」とか「浮気してるんじゃない?」という言い方では、十中八九、誤魔化されます。

話を切り出す前には、そういったこともよく考えて、準備をしっかりしたうえで話し合いをされることをお勧めしたいと思います。

また、切り出すときに、あなたのほうに責められる要素がある、もしくは責められることが予想されるような場合は、わざわざ直球勝負をする必要もありません。

たとえば、よくあることなのですが、こっそり携帯電話などをチェックして浮気の証拠をつかんだ場合、それで問いただしてしまうと、浮気をした事実の有無よりも、『勝手に携帯を見たことが許せない』というキレかたをされて、話し合いどころではなくなってしまうことがあります。

そういう展開は容易に想像できるはずですので、そういう場合には、夫がキレる要素を与えないために、あえて携帯を見たことは言わずに、『友達があなたと女の人が歩いているところを見た』とか『偶然ふたりが一緒のところを通りがかった』などと別な理由を作って、別な角度から問い詰めてみることも一案ですね。

 

❖この記事を読んだ方は、こちらもよく読まれています リストマーク夫にLINEを見たとは言えない

menu15