よい夫婦関係を取り戻すには

イラスト
『夫との夫婦関係が冷めてしまっているのですが、取り戻すことはできますか?』というご相談を受けることがあります。

これは相手がいることですし、一概に100%できると断言することはできませんけれど、修復に向かう道を見つけることはできます。

ただ、夫婦関係が冷めている、という場合に、それが長年の結婚生活の中で積み重なった我慢や不満からくるものと、浮気によって急速に冷めてしまった場合とでは、その状況に至った原因や経緯が大きく違います。

時折、『夫婦関係の修復はこうしなさい」みたいなことを画一的にうたっている本や記事をみかけることがありますが、それをあなたのケースにそのまま当てはめてしまうことは、かえって状況を悪化させてしまう危険もありますので、ご注意くださいね。

大事なのは、「夫婦関係が冷めている」という結果だけではなく、なぜそうなってしまったのか、これまでにどんな経緯があったのかをよく分析して、あなたがたご夫婦にあわせて修復の道を見つけていくことです。

たとえば、あるご相談者様のケースでは、とにかく夫がワンマンで、オレ様系の頑固おやじタイプでした。

『俺は外で一生懸命働いて、家族を食わせてやってるんだぞ』と昭和初期さながらの感性のままに、妻が食事や掃除、洗濯などの家事をするのは当然だと思っていて、妻に対して感謝やねぎらいの気持ちなどまったく示さないくせに、些細なことでも気に入らないと厳しく叱る、時には怒鳴る、ちゃぶ台をひっくり返す勢いで暴れる夫。

こういう夫と長年の結婚生活を重ねていれば、妻のほうも「私は家政婦じゃないわ」とか、「選ぶ男を間違えた」という気持ちになっても無理はありません。

でも、そういう方に対して、「夫婦関係を修復するためには、もっと夫を褒めて、感謝して、あなたがコミュニケーションをとるように頑張って、いっぱい会話をすることですよ」とアドバイスしてしまったら、その方はどう思うでしょう?

「これ以上私にどうしろっていうの?。この夫がいまさら変わるわけないじゃないの」と絶望的な気持ちになってしまうかもしれません。

つまり、そのご夫婦、とくにご主人側のことを知らないと、いくら夫婦関係を修復したくても、その道を選ぶこともできないし、選んだとしても、間違った道に進んで行ってしまうこともあるのです。

それから、夫婦関係の修復というのは、あくまでも夫婦が一緒に、同じ方向に向いていく中で行っていくものです。

当然ですが、妻だけが一方的に努力して、夫婦関係の修復は成り立ちません。(よほど奥様側に大きな原因があって、それがすべての元凶となっているような激レアなケースは除きますが)

よく誤解されてしまうことがあるのですが、夫婦関係の修復とは、『そのご夫婦の関係を、もとの状態に戻す』ということです。

たとえば、浮気が始まるまでは仲のよかった夫婦だったのに、浮気が始まったころから夫は人が変わったように冷たくなってしまった、愛情を示してくれなくなった、という場合なら、夫自身に『戻るべき姿』があるので、その方向に導いていくことができます。

でも、もともとワンマンで、もともと星一徹みたいな人は、そもそもの姿が今のご主人なんです。

そういう方の場合は、元の夫婦関係を取り戻すのではなく、新しい夫婦関係を作っていく、という別なとらえ方が必要になってきたりするわけです。

 

❖この記事を読んだ方は、こちらもよく読まれています マーカー夫婦関係を良くするために:夫に言うことを聞かせるコツ