夫の浮気で実家に帰るのは効果的か?

ある方から、こんなご相談がありました。

『夫に浮気を反省させるため、2歳になる息子を連れてしばらく実家に帰ろうと思います。

私がいなければ、食事や犬の散歩などで不自由な思いをしますから、懲らしめになる気がします。

ただ、私が居ない間に、なおさら相手女性と会ったりされるのは嫌ですし、かえって清々したと思われたくありません。

正直なところ、『妻が実家に帰る』というのは男性にとってどうなんでしょうか?』

私のもとには、浮気をした男性本人からご相談が寄せられることもあります。

そのなかには、『浮気がバレてしまって、妻が子どもをつれて実家に帰ってしまいました。どうしたらいいですか?』といった内容も少なくありません。

そうした男性の中には、

『妻がもどってきてくれるなら、どんなことでもやります』

『妻の両親に土下座をして謝罪することも厭いません』

『どれだけの時間がかかっても、妻が戻ってきてくれるように努力します』

……と、必死に妻への誠意を示そうとする男性たちも確かにいます。

ただし、冒頭のご相談者様のように、『妻がいないと生活に不自由するから』というのは、正直、懲らしめとしてはほとんど効果がありません。

さきほど男性たちも、生活が不自由だから妻に戻ってきてもらいたいと言うことではないのです。

彼らにとって『妻が実家に帰る』というのは、はるかに深刻な事態です

それは『浮気くらい大したことないだろう』とか『妻にはバレずにやれるだろう』という甘い見立てが外れて、浮気による実害が現実化したことを意味します。

妻が実家に帰れば、当然、妻側の親や身内にも知られることになりますし、夫自身の立場も信頼も地に堕ち、求められる代償も決して小さくはないでしょう。

そのまま弁護士を立てられて、離婚を求められてしまうケースも実際にあります。

失うものを想定していなかった男性たちにとって、それはまさに「終わりのはじまり」です。

逆にいえば、それだけの危機感があるからこそ、必死になって妻に許しを乞うし、そのための代償を厭わないわけです。

ところが一方で、妻が実家に帰ってもなんとも思わない男性もいます。

反省するどころか『出ていったのは妻の勝手だ』とばかりに、『メシなんてコンビニ弁当でいいさ』と開き直り、かえって自由に相手女性と会ったり、好き勝手をしだすケースもあります。

ですから、ご主人の性格や行動パターンなどを踏まえて、あなたが実家に帰ることが、本当にあなたの期待する結果につながるかどうか、よく検討することが必要です。

結局、当の本人が『どうしてこんなことになってしまったのか』ということを考えてくれなければ、いくらあなたが実家に帰っても意味がありません。

また、実家にずっと戻りっぱなしというわけにもいかないでしょうから、数日かある程度の期間ののちには、ご主人のもとに戻らざるを得ないということもあります。

(そこから離婚に向けて話を進めていくなら、その限りではありませんが、、、、)

出ていくときにあまり強硬すぎると、戻ってきたときに、今度は夫のほうから『勝手に出て行ったり戻ってきたり、身勝手なのはそっちじゃないか!』と言われてしまう危険もあります。

いずれにしても、ご主人自身が懲りるというか、精神的に痛みを感じてくれる部分がないと、せっかくあなたが実家に帰っても単なるパフォーマンスで終わってしまうので、今後の対応や帰った後のことも考えたうえで、冷静な行動をされていくことが大事です。