夫が浮気するのは、妻が悪い?

あるご相談者様のコンサルティングをさせていただいたとき、こんなお話を伺いました。

「あるカウンセラーに夫の浮気を相談したら、『ご主人が浮気をしたのは、あなたに相当な原因があります。どうしてこうなるまで放っておいたのですか?ご主人に戻ってきてほしければ、もっと努力して、あなたが変わることが必要です』と叱られてしまいました。私が悪かったのでしょうか?」

この方は、大きなショックを受けて、とても苦しんでおられました。

「夫の浮気は、妻のほうに原因がある」という考え方は、私は個人的には賛同しかねるのですが、そもそもカウンセリングとは、相手を変えるのではなく、自分の受け止め方や環境を変えることで、自分の中で問題を克服するというロジックですので、そういう話し方をされるカウンセラーの方もいらっしゃるようです。

決してそれ自体を否定するわけではありませんが、私は、ここにふたつの問題があると感じています。

ひとつめの問題は、夫の浮気は、この方の努力不足(放っておいたこと)が原因だったと、本当に言えるのか?という点です。

詳しくお話を伺ったところ、この方には3歳と1歳のお子さんがいらっしゃって、家事と育児をすべて自分ひとりでこなしていました。

朝は夫のために、毎日お弁当を作っているそうです。(ちなみに5時起きだそうです)

自分のことも後回しにして、子どもの世話をして、買い物に行き食事をつくり、掃除や洗濯をしている日々のなかで、この方に「努力不足」を指摘すること自体、私には理解できません。

しかもこの方のご主人は、帰宅が夜中の11時を過ぎたころなので、平日は事実上母子家庭に近い状態でした。

この状況の中で、「夫が浮気したのは、放っておいた妻が悪い」というのは、あまりに酷という気がします。

二つ目の問題は、仮にこの方が努力不足だったとして、「では、何をどう努力したらいいのか?」の具体的な方向性が示されていないということです。

これは「よい妻になるな」の記事でも触れていることなので、詳しくは割愛しますが、頑張る方向が違っていれば、どんな努力も水の泡どころか、マイナスにしか働きません。

今の時点でも、めいっぱい頑張っている人に、「もっと努力しなさい」というのは、本人が崩壊していくだけです。

たいていは、そのために睡眠を削り、子どものための時間を減らし、「努力」という名目のもとで、自分を追い込んでいきます。

その結果、精神的に不安定になったり、ストレスで不眠症になったり、ちょっとしたことでも子どもを激しく叱ってしまうなど、身体的にも精神的にも限界を超えてしまう方もいらっしゃいます。

当然、長くは持ちません。多くの場合、3か月がいいところです。

そして、その3か月が経過するころ、夫の状況はかえって悪化することが大半なのです。

ところで、浮気がバレた男性の中には、このカウンセラーの方と同様に、「浮気したのは妻のせい」と主張してくる夫も少なくありません。

これって、どういう心理に基づいているんでしょうか?

実は、男性はいくつになっても、心の中に「妻に優しくされたい」とか甘えさせてほしい」という欲求を持っています。
イラスト

これは心理というより、むしろ願望ですかね。

ところが、そんな夫の思いと裏腹に、妻としては「日々の生活に追われて、それどころではない」という現実がありますし、心に余裕がないために、つい、夫のことが邪魔くさくなったり、「それくらい自分でやってよ!」みたいな言葉が口をついてしまったり、夫のことが眼中にない状態に陥ってしまうことがあります。

それは無理のないことですが、夫は一方的に拒絶されたと感じて、イジけて妻に背を向けてしまい、時にはそれが浮気に走るきっかけとなってしまうんです。

冒頭のカウンセラーの方が言われていたのは、もしかするとこのことだったのかもしれません。

ただ、こうした男性心理は、夫の言動を理解するうえでは知っておくほうがいいですが、この欲求を満たそうとして妻が奔走してしまうことは避けなければなりません。

出口が見えなくなり、迷子になってしまうだけだからです。

ちなみにコンサルティングの結果、この方に対して、私は「ご主人が浮気したのは、あなたの努力不足の結果ではありません」とお伝えしました。

そのうえで、どうしたら夫が浮気をやめてくれるのか、そのための対処方法をお伝えし、実践していただきました。

この方の場合は、半年ほどかかりましたが、最終的にご主人は浮気相手と別れ、奥様やお子さんたちと向き合う時間を積み重ねておられます。

こうなるためには、妻がひとりで努力したらどうにかなる問題ではなく、夫自身の意識の転換が不可欠ですし、夫婦関係の修復にむけたプロセスを着実に踏んでいくことが必要です。

このご夫婦の場合、いちばん問題だったのは、「夫婦間の認識不足」に本人たちが気づいていなかったことです。

要するに、夫が日常生活のなかで、妻の大変さを理解していないし、妻もまた、夫に「求めすぎている」傾向があり、夫の心が逃げ場所を求めていた、ということです。

その原因はコミュニケーション不足、つまり、ふたりの会話がないんです。

会話がないから、夫婦が互いに、相手がどれほど大変で、忙しくて、どれだけ頑張っているか、わからないんです。

そんな中で、夫の浮気が発覚すれば、妻は『私はこんなに毎日大変なのに、浮気するなんて信じられない』と思うでしょうし、一方夫は、放っておかれたことを恨み節にして、むしろ自分が被害者のような言い分を並べるかもしれません。

こうした意識のすれ違い、認識のズレというのは、浮気に限らず、夫婦関係のひずみが生じる大きな原因となります。

逆にこうした点に気づき、互いの考え方、受け止め方を修正できたことで、夫婦関係が格段に改善されるケースもたくさんあります。

注・この記事において、他のカウンセラーおよびカウンセリングを批判する意図は全くありません。あくまでもご相談者様の相談内容に準じて、事例として触れさせていただきました。ご理解いただければ幸いです。

menu15