浮気をやめさせるには、幻滅期にタイミングをあわせる

浮気がはじまると、夫は相手女性の反応に一喜一憂したり、他愛のないメールにドキドキしたりして、一種独特の気持ちが高揚した状態に入ります。

この状態は、個人差はありますが、だいたい3か月間をピークにして、大きなヤマを描いていきます。

この期間は、テンションも高くなりますし、恋の最中にいるわけですから、相手のことで頭がいっぱいになっています。

でも、ずっとその状態が続くわけではありません。

さきほど述べたように、3か月から、人によっては数か月を過ぎたころに、その感情のカーブは下降を見せはじめます。

これが幻滅期といわれるものです。

この幻滅期によって、人によっては、一気に気持ちがダウンすることもあります。

同時に、テンションも下がってきて、相手女性の至らないところや、合わないところが目についてくるわけです。

そして、『こういうところは妻のほうがしっかりしてるな』とか『ここは妻のほうがフィーリングが合うな』といったふうに、いわば浮気相手との関係を通して妻を見直す、というところもでてきます。

夫と話い合いをしたいときは、相手女性に夢中になっているときよりも、この幻滅期によって感情がトーンダウンしてきたときを狙ったほうが、冷静に話し合いができる場合が多いです。

基本的に、幻滅期は恋愛感情の高ぶりのあとに、誰にでもくるものです。

でも、その時期にすべての恋人たちが別れてしまうわけではないように、浮気においても、幻滅期を迎えてもなお、互いに相手をもっと理解しようとしたり、互いに受け入れあう努力をしたりして関係が出来上がっていくと、そこからさらに次の段階に至ってしまうことがあります。

よく、浮気は初期段階で解決することが望ましい、という話を聞きます。

それは事実ですし、基本的には私もそう思います。

ただ、人の感情というのは、必ず寄せては引いていく波のように、高まるときと醒めるときがあります。

そうした感情の動きを見ずに、『早く別れさせたい』ということだけで突き進んでしまうと、かえって夫の感情に火がついて、あなた拒否するようになってしまったり、なおさら相手との関係に固執させてしまうこともあります。

でも、いたずらに時間を与えてしまうことは、ふたりの関係を深めてしまうリスクも高まりますので、なおさらそのタイミングが大事なんです。

特にあなたがご主人とやり直したい、と思っているなら、あなた自身が、しっかり思考力と判断力を働かせて、最前の時に最前の方法で向き合うことがカギとなってきます。

もちろん、それまでは何もしないで放置していてください、と言っているのではありません。

むしろそのときのために、事実を確かめたり、相手女性をしっかり特定しておくなど、今できることをしっかり進めていく、ということがとても重要になってくるわけです。

問い合わせ