離婚にともなう子どもの喪失の心理について

親の離婚によって、一方の親と離ればなれになり、これまで住み慣れた家を出て、場合によっては慣れ親しんだ町並みを離れ、学校を転校し、友人と別れ、仲のよかった近所の人たちとも別れて、知らない町でまったく新しい環境の中で暮らすことは、子どもにとってたいへん大きな不安と淋しさを与えます。

そして淋しさのあまり、離婚のことをタブーとして会話に出さないようになりがちですが、その淋しさを乗り越えるために、あえて子どもと話し合うということも大切です。

なぜ両親が別れて住むようになったかを話し、今後の生活について変わる部分があるにしても、心配する必要はないことを伝え、もしも心配なことがあるなら、いつでも、どんなことでも話をするように言いましょう。

幼い子どもの場合は、それでも淋しさのあまり、甘えたがったりすることかあります。

子どもも心理的に落ち着くにはしばらくの時間が必要ですから、その間は大目に見て、甘えさせてあげることも必要です。

ただ、子どもをかわいそうに思うあまり、親のほうがあれこれとかまいすぎて、子どもの自立を損なうことがないように注意することが大切です。

また、子どもの環境の変化に慣れて、様々なものを失ったことによる悲しみから立ち直って落ち着き始めた頃、仕事や育児に追われてきたあなたにも喪失の痛みが及ぶことがあります。

心に大きな傷を受けたとき、忙しいことは余計な思考を止めるため救いとなるものですが、それでもやはり、時として急に気分が落ち込んだり、無性にイライラしたり、辛い思い出が急に蘇ってきて、涙が止まらなくなったりします。

これはいわば、あなたの心が、悲しみを発散することを求めている現われですので、恐れずにその気持ちを表現し、安心できる相手には、あえて怒りを爆発させるといったことも必要かもしれません。

心おきなく相談できる友人や親族がいれば、非常に大きな支えになります。

もしも誰にも相談できない、話ができないときには、カウンセリングを受けたり、同じ状況で苦しんでいる方の自助グループ、インターネットのブログや掲示板などを探して、ともに気持ちを明かしあうといったこともよいでしょう。

問い合わせ