浮気した夫は罪悪感を感じているか?

『男性が浮気をしているとき、罪悪感ってないんですか?』ということは、ご相談の際にもよく聞かれます。

妻にとって、浮気は許しがたい裏切り行為であることは間違いありませんが、当の夫にしてみると、さほど罪の意識を感じていない場合がほとんどです。

私はよく駐車違反を例にお話しすることがあるのですが、駐車違反をして切符を切られたときに、すごく罪の意識を感じる人って少ないと思います。

どちらかというと、「ああ、タイミングの悪いところで見つかってしまったな」とか「反則金払うの嫌だな」という気持ちのほうか強いでしょう。

それでなくても、多くの男性は、浮気がバレていない段階では、自分はうまくやれていると思っていますし、妻が苦しんでいることなど想像すらしていないので、罪の意識どころではないのです。

彼らが罪悪感をおぼえるのは、妻に浮気を問いただされて、話し合いをする段階に至ってからか、あるいは話し合いのあと、相手女性と別れてからもフラッシュバックに苦しみ続ける妻の姿に、『自分はこれほどまでに妻を苦しめてしまっていたのか』とあとから徐々に罪悪感を覚えていったりするのです。

では、程度の違いこそあれ、浮気をしたことに男性は必ず罪悪感があるかというと、中にはまったく反省もせず、罪悪感を持たない男性もいます。

これはその男性が、自分のしていることに自覚がなかったり、「浮気をしたのは妻が愛してくれないからだ」とか責任転嫁していたり、そもそも妻に対して愛情がないなどの心情面からくることもあります。

そう言う男性は、浮気がバレようが妻が目の前で苦しんでいようが、まるで『自分とは関係ない』とばかりに何事もなかったようにケロリとしていたり、『オレだって苦しかったんだ』とそれまでの夫婦関係の不満などを理由に、罪悪感どころか自分が被害者のように思っていることもあります。

また、悲しみのショックが消えず、いつも沈んだ表情で暗くふさぎ込んでいる妻の様子に、自分が無言で責められているように気がして、罪悪感よりも「いつまでそんな風にしているつもりなのか」という憤りが勝ってしまうケースもあります。

逆に、もしもあなたのご主人が、反省や罪悪感を感じて、これまでよりも早く家に帰ってくるようになったり、自分から家の手伝いをしたり、子どもとの関係を良くしようとしたり、妻の表情が暗くても、少しでも話しかけたり、一緒に出かけるように誘ったりしてくるとしたら、ご主人はご主人なりに、あなたとの関係を取り戻そうとして一生懸命になっているはずです。

そのような場合でも、ご主人のことをすぐに許すことはできないと思いますが、少しずつでも、ご主人の誠意を感じて認めてあげることができれば、結果としてあなたの心も、少しずつ楽になっていけると思います。

 

❖この記事を読んだ方は、こちらもよく読まれています マーカー夫が浮気に懲りる瞬間