怖い不倫

浮気をしている夫のスマホをチェックすると、メールやLINEのメッセージの中に、相手女性から送れられた「あなたの赤ちゃんが欲しい」とか「産んで一緒に育てたい」といった内容が書かれていることがあります。

これは妻にとって、もっとも許し難く、また不安や怖れを抱く言葉のひとつです。

もちろん、ほとんどの場合、それはメールやLINEのなかで交わされる現実味のない会話の一部であり、夫のほうも、本気でその言葉を真にうけて答えたりはしていません。

それどころか、いくら相手女性と赤裸々なやりとりをしていたとしても、現実的には離婚など考えてもいなかったりします。

ところが、関係が深まっていく中で、夫よりもむしろ相手女性のほうが『本気』になり、執着を抱いてしまうことがあります。

遊びで浮気をしていた男性ほど、相手女性と面倒なことになるのは避けたいと思いますし、自分が責任を負うようなことはしたくないと思うので、相手女性の『本気』を察知すると、徐々にその関係をフェードアウトしようとしていきます。

今までは毎日のように電話やメールで語り合ったり、仕事のあとや週末に会ったりしたのに、すこしずつその頻度が少なくなったり、会う周期が伸びてくると、相手女性は彼を離すまいとして、非常につよい執着を持つことがあります。

そして、中には「今日は安全日だから大丈夫」と嘘を言い、本当はこの上なく危ない日に男性を誘い、肉体関係を結んだりして、実際に妊娠してしまうことで、自分から離れられなくさせようとする女性もいます。

男性にしてみると、あとから妊娠を告げられた時のショックといったらないです。

慌てふためき狼狽して、「大丈夫だって言ったじゃないか!」となるわけですが、相手女性にとって『妊娠』は最強のカードを手にしたようなものですから、『責任とって私と一緒になってよ』と求めてくることは想像に難くありません。

あるいは、実際には妊娠してなくても、「あなたの赤ちゃんができたのよ」と言うことで、相手男性の心をつなぎとめようとすることもあります。

『浮気相手と妻、どっちも大事という夫の心理』のところでも書きましたが、男にとって浮気は夢の中の出来事です。

バーチャルな感覚だからこそ、相手女性が何を言おうと責任を負う必要もないですし、「そうだね、子どもは何人ほしい?」なんて呑気に答えていられたわけですが、実際の話となれば話は別です。

ちなみに相手女性が妊娠した場合、その子供は相手女性の籍に入ることになりますが、あなたの夫が認知をすることになれば、籍は別であっても養育義務が生じます。

将来的には相続なども関係しますし、軽い浮気のつもりが、背負いきれない責任を負うことになります。

バーチャルなうちにこの現実的なリスクを回避するためにも、浮気はできるだけ初期の段階で手を打っていくことが大切なのです。

問い合わせ