怖い不倫

ある主婦の方からのご相談で、「夫のスマホをチェックすると、知らない女性から「早く一緒に暮らしたい」とか「あなたの赤ちゃんが欲しい」といったLINEが来ていて、夫のほうも「離婚するから待っててね」とか「女の子が欲しいな」と返信しているのを見て愕然としました」というお話を伺いました。

妻として、本当にショックな内容だと思いますが、こうしたやりとりは、メールやLINEのなかで交わされる現実味のない会話がほとんどです。

特に男性側は、いくら相手女性と赤裸々なやりとりをしていても、覚悟があって言っているわけではなく、離婚や妊娠など、リスクを負うことは避けたいというのが本音です。

ところが、相手女性のほうは、男性の言葉ひとつひとつに非常に強い執着を持つことがあります。

たとえば、「早く奥さんと別れてほしい」という女性のLINEに対して、「うん、約束するよ」と何気なく返してしまったために、「あなたはあのとき、私に約束したでしょう?いつになったら奥さんと別れてくれるの?」と執拗に離婚を求められたり、男性がぐずぐずしていると妻に対して無言電話をかけてきたり、夫婦仲を裂こうとする行為に出るケースもあります。

「あなたはあのとき、私に約束したじゃない!」なんて言われてしまうと、変な義務感や負い目を感じて、女性に逆らえなくなってしまう男性も少なくありませんし、そうでなくても、相手女性はすでに執着の塊になっていますから、手段を選ばずの状態です。

中には、本当に妊娠することすらいとわず、「今日は安全日だから大丈夫」と嘘を言い、この上なく危ない日に避妊具なしで肉体関係を求め、実際に妊娠してしまうことで、彼が自分から離れられなくしようとする女性もいます。

男性にしてみると、あとから妊娠を告げられた時のショックといったらないです。

慌てふためき狼狽して、「大丈夫だって言ったじゃないか!」となるわけですが、相手女性にとって『妊娠』は最強のカードですから、『責任とって私と一緒になってよ』と求めてくることは想像に難くありません。

そうなると、まじめで責任感のある男性ほど、女性の求めに応じる形で、ほとんど「いいなり」になってしまう危険があります。

男性にとって浮気相手は非日常の存在、いわば夢の中に出てくる女性です。

バーチャルな感覚だからこそ、相手女性に話をあわせて「そうだね、子どもは何人ほしい?」なんて呑気に答えていられるわけですが、実際の話となれば話は別です。

夢の中だけで会っていたはずの相手女性は、現実の悪夢をもたらす存在となり、それに気づいたときには時すでに遅し。

その状態になって、「浮気相手が妊娠した。どうしよう」と妻に泣きついてくる夫も実際にいます。

ちなみに相手女性が妊娠した場合、その子供は相手女性の籍に入ることになりますが、男性が認知をすることになれば、籍は別であっても養育義務が生じます。

将来的には相続なども関係しますし、男性自身、軽い浮気のつもりが、背負いきれない責任を負うことになります。

この現実的なリスクを回避するためにも、浮気はできるだけ初期の段階で手を打っていくことが大切です。