妻が妊娠中に浮気をする夫の心理

妻の妊娠中に浮気をする夫は少なくありません。

本来であれば、生まれてくる子どもを楽しみに待つ幸せ一杯のときに、どうして浮気なんてするのだろう……と、夫の裏切りに怒り、無責任さに呆れ、『これから先、夫とやっていけるのだろうか』と、精神的にボロボロの状態でお電話をくださる方もいらっしゃいます。

夫が妻の妊娠中に浮気をする動機としては、大きく二つの理由が考えらます。

ひとつは妻が妊娠したことでセックスの回数が減り、性欲発散のために他の女性のもとに走るケース。

これは単純に欲求不満を解消したくて風俗にいくとか、その時かぎりの『大人の関係』として出会い系サイトでセフレを求めるといった場合が多く、どちらかとうと単発的な関係で終わる傾向があります。

そしてもうひとつは、妻の心が子どもへと向かっていくことに、ある種の嫉妬心を抱き、寂しさを感じて浮気に走るケーズです。

自分の子どもに嫉妬心を抱くなど、女性からみたらナンセンスな話に思えるかもしれませんが、妊娠によって妻の心の赴きが『夫』から『生まれてくる子ども』にシフトしていくことに不安や寂しさを感じて、その心の穴埋めのために他の女性に拠り所をもとめていくことは実はたいへん多いです。

要するに、生まれてくる子どものために、自分は愛されてないと感じたり、もっと言うと、わが子に妻を奪われたように感じてしまうのです。

これはよく、心理学的には『未成熟な男性の思考』としてとりあげられますが、実は、こうした思考傾向を持つのは、なにも『未成熟な男性』に限ったことではありません。

精神的に健全な男性でも、妻との日常の会話や生活が子ども中心になり、自分の愛した女性が、『妻』から『母』に変わっていくことに、一抹の寂しさを感じることは普通にあります。

ただ、男性もいちおう持ちうる理性にもとづいて、自分なりにその感情をコントロールして、自分もよい父親になろうとするし、寂しさよりも愛情からくる行動を優先しようとはしますが……。

それでも、そんな寂しさを見せる男性に対して、職場でひそかに好意を抱いていた女性が近づいてきたり、あるいは昔別れた元カノが恋しくなって男性自ら連絡を取って密かに会っていて、気がついたときにはそういう関係になっていた……という事例は決して稀ではありません。

でも、『妻に構ってもらいたい』『甘えたい』『自分のことを一番に思って欲しい』という欲求に対して不満はあれど、決して妻を愛してないわけではないし、ましてや離婚など考えてもいない場合が大半です。

つまり、浮気相手はあくまで『妻の代わり』ですので、「これから先、夫とやっていけるんだろうか?」という冒頭の心配は、きちんと夫と向き合っていくこと、コミュニケーションをとり、互いの気持ちを理解しあっていく努力をすることで、戻ってくる可能性は十分あります。

むしろ相手女性が本気になってしまって、夫のほうは別れたいのに、なかなか相手女性が離れようとしないという展開のほうが心配です。

中には、夫が自らの浮気を告白して、相手女性と別れるための助けを妻に求めてくる、といったことも実際にあります。

問い合わせ