離婚歴を戸籍から消す裏ワザ!

私のもとには、離婚を考えていらっしゃる方からの相談も多いです。

離婚を人生の失敗と考える方も中にはいらっしゃいますが、私は新しい幸せのためのステップとして、前向きに捉える離婚もあってよいと思っています。

ですが、離婚したときに戸籍謄本に離婚歴が書かれてしまうことは、あまりよい気持ちはしませんよね。

そこで、この離婚歴を合法的に消す方法をご紹介します。

籍が置かれている住所を本籍地といいますが、この本籍地を移せば、移転したあとの戸籍には、絶対的に記載事項以外の項目については記載されません。

ただし、新しい戸籍謄本には、離婚歴は記載されていませんが、以前の本籍地にさかのぼって調べられてしまえば、わかってしまうことではあります(汗)

本籍を移転する場所はどこでも構いません。

実際に住んだことのない住所、他人が済んでいる場所でもかまいません。(一番多い本籍地は皇居だそうです)

これは印鑑ひとつで簡単にできます。

また、離婚調停を行った場合、戸籍には調停離婚歴があることが記載されてしまうので、離婚のめどがつきそうなら、できるだけ協議離婚で済ませるほうが、戸籍に記載をせずに済むことになります。

ちょっとしたことですが、離婚にともなうマメ知識としてご紹介いたしました。

問い合わせ