浮気をしやすい男性は何が足りないのか?

いくつかの研究から、浮気をしやすい男性は、「好奇心が強くて新しいものを好む遺伝子」か、あるいは「孤独を恐れ、不安を感じやすい遺伝子」を持っていることがわかっています。

「好奇心が強くて新しいものを好む遺伝子」を有している男性は、好奇心を満たすために複数の女性とセックスをしたり、スリリングな恋愛を求める傾向があります。

よく、『車をコロコロと取り換える男性は浮気をしやすい』ということが言われたりしますが、これも好奇心が強くて新しいもの好きの遺伝子がウズいてのことなのでしょう。

また「孤独を恐れ、不安を感じやすい遺伝子」は、さびしがり、甘えん坊、構ってちゃんのうえに、仕事や家庭においてのストレスの発散やイライラの解消として、セックスを利用している傾向があります。

ただいずれのもタイプにおいても、遺伝子が浮気させているわけではありません。

遺伝子はあくまでそういうベースを持っているというだけのことです。

その人が感じている好奇心や不安に対して、実際にどういう行動をとるかは、あくまでその人が生きてきた中で構築されていった性格や人格の特性によって左右されていきます。

ですから、『俺が浮気をするのは男としての本能だ』という主張をする男性は、その本能をコントロールできない意思や理性の弱い人間であると自ら明言しているようなものです。

その証拠に、いくら別の女性に興味を持ったとしても、あるいは他の女性から誘われたり、告白されるようなことがあったとしても、『妻が悲しむようなことはしたくない』と考えて、自分の行動を律していく男性もいくらだっています。

それはもともと思いやりのある男性である場合もあるし、かつては浮気をしたり、妻を悲しませた経験があったりして、これまでの経験の中でその人自身が学習してきたことに基づいてる場合もあります。

つまり、一度浮気をした人であっても、その結果どういうことになるか、どれだけの犠牲やリスクが生じるかといったことをしっかり学んでいれば、二度目の行動は違ってきます。

逆にいえば、浮気を繰り返してしまう男性は、自分の行動を律していく学びがない、ということです。

特に、自分が痛みを感じることを恐れて、反省や後悔ができない、自分の行ったことの結果を直視できない人は、学ぶ以前の段階でつまづいてしまうことが多いです。

そして、『俺は俺だ!』と逆ギレしたり、言い訳や開き直りで自分を正当化しようとしてしまうのです。

 

❖この記事を読んだ方は、こちらもよく読まれています リストマーク浮気が短期間で終わるタイプと、歯止めが効かなくなるタイプ