夫が浮気相手とホテルに泊まった証拠として……

たとえば、メールやLINEの内容などから、夫が相手女性と会う約束をしていた場合、その日時に夫を尾行して現場をつきとめ、ふたりが一緒に出入りしている様子を写真やビデオに撮ることができれば、それはもちろん決定的な証拠になりますが、その日時に会うことはわかっていても、自分で尾行したり、探偵を利用することが難しい場合もあると思います。

これはそんなときに使える方法のひとつなのですが、もしも夫と相手女性が泊まったホテルと日付がわかっている場合なら、そのホテルに電話をして、『○月○日に宿泊した○○の身内のものですが、決算に必要な領収書を紛失してしまったので再発行してください』と言って、名前と宿泊した日付を伝え、宿泊した際の領収書と明細書を再発行してらう、ということでも立派な証拠にできます。

ここで大事なのは、領収書だけでなく、明細書(内訳)によって人数が明確になっていることです。

問いただしたときに、「ほかに部屋が空いてなくてしかたなくツインの部屋にひとりで泊まった」とか「大きなベッドでゆっくり休みたかっただけ」という言い訳をされることが多いので、これはしっかりおさえておきましょう。

また、外泊する日は、あらかじめあなたに何らかの嘘を言っている状態だと思いますので、二名で泊まっているという裏付けがあると、その嘘についても明白に指摘できます。

ただしこの方法にはいくつかの条件があります。

まず、夫が本名でホテルに宿泊しているということです。

もしも夫が、妻のわからないような偽名で宿泊している場合は、ホテルでも本人確認ができませんので、この方法は使えません。

それから、夫がラブホテルを利用している場合は、さすがに『決算のために……』という理由は使いづらいと思いますし、そもそも予約して入室するとかではないので、この方法は使えません。

あと、夫が『カプセルホテルに宿泊した』といって、その場所がラブホテルだったことが判明して問いただしたときに、「他が空いてなくて、しかたなく一人で利用しただけ」という苦し紛れの釈明をされることがありますが、基本的にこの理由は通用しません。

なぜなら、ラブホテルはカップルでの入室が条件となっている為、単身での休憩や宿泊はできないからです。

もしも夫がそのような釈明をした場合には、そのときの思い付きで嘘をついている可能性が高いですので、そのやりとり自体を録音しておけば、それもまた問いただす際の証拠として役立つことが多いです。

問い合わせ