夫から「浮気相手が妊娠した」と告白されたとき

夫が浮気相手の子を妊娠させてしまった場合、どのような対処をすればよいのでしょうか。

まず、夫の口からその事実を妻に告げるということは、夫自身にとっても切羽つまった状況です。

相手女性が妊娠を理由に結婚を迫ってきたり、ダブル不倫の場合は相手女性の夫にバレてしまったいうケースもあります。

相手女性から認知を迫られ、もはや夫自身の手には負えなくってしまい、浮気を懺悔して妻に泣きついてくる、というケースも実際にありました。

いずれにしても、まずはその妊娠が事実であるのかどうかを確認する必要があります。

多くの場合、夫自身が相手女性の妊娠を直接確認している(たとえば病院に一緒に行って診察に立ち会っているなど)わけではなく、単に相手女性にそう伝えられて、言われたままを信じている状態だったりします。

ですから妊娠については、信ぴょう性のある証拠資料の提示を求めるなどして、相手女性が言うことが虚偽でないことを確認することが必要です。

ちなみに妊娠検査薬で陽性反応が出たとしても、それだけでは妊娠の証拠としては不十分です。

確認資料としては、病院で妊娠を確認した際のエコー写真を示してくることが多いようですが、確認する際は、エコー写真だけではなく、その病院で診察を受けた際の診察券や受診した月日を裏付ける資料などの提示を合わせて求めることも大切です。

そういえば先日、結婚詐欺の手口として、ネット上に落ちていたエコー写真を妊娠の証拠としてメール添付で交際中の男性に送り、あなたの子を妊娠した」と結婚を迫ったという事件がありました。

そのような事例は多くはないでしょうが、相手女性が示した証拠に虚偽がある可能性も念頭に入れて、慎重に確認する必要はあるでしょう。

さらに妊娠が確実となったら、現時点で妊娠何か月目か、女性は産む気があるのかどうか、出産や堕胎にともなう費用の支払いや認知要求についてなど、相手女性の意思を正確に把握して協議していくことになります。

なお相手女性とのやりとりは、できれはボイスレコーダーなどで録音しておくほうがよいでしょう。