夫が相手女性と別れられない理由

主婦A子さんのケースです。

浮気が発覚して夫を問いただしたとき、夫は自分が悪かったと神妙に謝り、『彼女とはもう二度と会ったりしないし、メールや電話でやりとりすることも絶対にしない』と約束してくれました。

あんなに謝ってくれたんだから、彼女とは終わりにしてくれるはずだし、夫を信じようと頑張ってきました。

それなのに・・・・・夫はいまだに相手女性と隠れて会っています。夫はいったい、どういうつもりなのでしょうか?

浮気が発覚して、妻に許しを請うておきながら、それでもなお相手女性と別れられない男性……。

たいていの男性は、相手女性にはっきりと別れ話をすることを避けたがります。

別れ話というよりも、言い訳のように、『妻にばれてしまったから、しばらく会わないほうがいいと思うんだ』とか『ほとぼりが冷めるまで、連絡を取らないようにしたいんだけど』といった、あいまいな言い方をして、なんとなく相手女性と距離をとって、自然消滅していくことを望む傾向があるのです。

一方、恋愛をしている人の心理として、相手の言葉を、自分にとって都合の良いほうに取る、または取りたいと思う気持ちが働きます。

したがって、男性が別れ話のつもりで発した、この程度の言葉では、相手女性は別れを告げられたとは思っておらず、「彼は、奥さんにバレてしまってちょっと気が弱くなっているだけ』くらいにしか思わないのです。

そのため、男性のホンネとしては、『妻にバレたし、これ以上はヤバいから別れたい』と思っていても、それをはっきり言葉で言おうとせず、態度も曖昧なので、ずるずると女性と関係が続く結果となってしまうのです。

こうなると、男性はいささか立場が弱い。

今までさんざん、好きだとか愛しているとか、歯の浮くような言葉を言ってきたので、相手女性に対して露骨に手のひらを返すこともできないし、下手なこと言って怒らせてしまうと、何をされるかわからない、という脅威を感じて、内心は頭を抱えていたりもします。

このときの夫の心情としては、決して相手女性に気持ちが持っていかれている状態ではなく、むしろ、いかに彼女との関係を終わらせるか、という部分に方向が変わってきている可能性もあります。

ですから、こういうときに、『どうして約束したのに、彼女と別れてくれないの?』とか『あのときの約束も嘘だったのね』などと、感情まかせに夫を責めてしまうことは、ますます夫を追い込んでしまうことになります。

タネをまいたのは夫自身ですし、自業自得の部分はありますが、それでも夫なりに苦しんでいる状態ですから、責められたストレスからの反発や逆ギレで、かえって妻に対して拒絶の姿勢に転じてしまう危険もあります。

ですから、問いただす前に、まずご主人の発する言葉や態度を冷静に観察することが大事です。

ご主人があなたに対して、やさしさや気遣いを見せ、一緒にいる時間を増やそうとしている場合は、たとえ相手女性と今の時点で切れていなくても、気持ち的には、彼女よりもあなたとの関係を優先していると思われます。

浮気がバレてしまったあとの演技でそう振る舞っていることも、絶対にないとは言えませんが、浮気がバレたあとに、妻をゴマかせるほどの演技を続ける余力が残っている男性など、そう多くはいません。

ですからたいていは、夫の言動が本心からのものか、偽りのポーズかは、あなたが見抜けるところだと思います。

逆に言えば、もしもご主人があなたに対して愛情をなくしていたり、もう一緒にやっていく気がない、離婚を切り出したいという心情なら、まず間違いなく、それは行動に出てきます。

つまり、帰宅の時間があからさまに遅いとか、態度が冷たくなったり、無視したり、拒絶する姿勢を強く出してくるはずです。

そういう部分を見ながら、まずはご主人の本意を確かめること。

そのうえで、ご主人の気持ちの中に、あなたとやっていきたいという思いが確かに感じられるならば、むやみに責め立てるのではなく、ふたりにとって共通の問題として、相手女性に対してどういう態度を示して、関係を断っていくかを考え合うこと。

あなたが味方になってあげることで、夫婦で同じ方向に思いを向けられるようにしていくように、ご主人の背中を押していくというのも、大切なポイントだと思います。

 

❖この記事を読んだ方は、こちらもよく読まれています リストマーク浮気する夫の優柔不断な行動

menu15