浮気性の夫の心理とはどういうものか?

浮気性の男性が複数の女性関係を求めてしまう背景には、母親から十分な愛情を受けることができなかったり、両親が離婚して母親と引き離されたりして、『自分は愛されていない』とか、『捨てられた』というトラウマがあり、それが心理的なベースになっていることがあります。

つまり、妻に捨てられるかもしれないという恐れが、他の女性をキープするという行動につながっているわけです。(実際はそうやって浮気をしているほうが、妻から捨てられてしまいますから、本末転倒もいいとこなのですが)

ただもちろんすべてのケースがそうだということではありません。

浮気性には、ほかにもいろいろな要因が考えられますからね。

あと、浮気性の男性が好む女性は、活発で自立心の旺盛なタイプよりも、どちらかというとおとなしくて、自分に依存してくれるタイプの女性が多いようです。

そして、そういうタイプの女性ほど、彼が浮気をしたときに、自分の愛情が足りなかったと反省したり、彼に気に入られようと頑張ってしまう傾向があります。

ですが浮気性の男性が浮気をするのは、妻の愛情が足りなかったからということではありませんので、妻が全身全霊で愛情を注いでいても、他の女性は別腹でキープしようとするのです。

そんなにいろんな女性と付き合っていたいなら、どうして結婚なんてするのかと思ってしまいますが、彼らは、ひとりの女性から継続的に愛されることを望み、暖かい食事を作って自分の帰りを待っていてくれて、夜はお金やプレゼントをしなくてもセックスに応じてくれる相手を確保しておきたいのです。

これらのものを継続的に与えてくれるのは、妻だけです。

浮気相手は、その一部を断片的に与える程度のことしかできません。

言ってみれば、浮気相手は、客船に装備されている救命ボートみたいなものです。

でも、本当に大切で、自分が心から求めるものは、救命ボートには積んでいないのです。

ところが浮気性の男性は、そのことに気がついていません。

救命ボートで遊んでいるうちは、いつでも客船に戻れると思っています。

でも、客船が離れてしまったら?

彼はそのとき、はじめて気がつくことでしょうね。

どれもこれも手に入れたい、というのでは、本当の幸せは手に入らないということを、一日もはやく気がついていただきたいものです。

問い合わせ