浮気が終わった後の心の葛藤

ご相談くださる方の中には、「夫が浮気をやめてくれても、元の夫婦に戻ることなんてできません。子供のために、表面上は何事もなかったように振舞っていますが、夫のことを以前のように信じることは、二度とできないと思います」という方がいらっしゃいます。

夫からどんなに謝罪や誠意の言葉があっても、「でもあのとき、あなたは浮気をしたでしょう?私がいても、あなたはほかの人を愛せる人なのね」と、裏切られたショックと失望感から立ち直れず、夫が修復のために頑張っていることは理解しつつも、自分の心がそれを受け入れられない、というご相談も、実はたいへん多く寄せられています。

『夫との関係を修復していきたい。でも、夫のことが許せない』

こうした心の葛藤は、ほとんどの方に少なからずあるものですが、夫婦としてやっていくと決めた以上は、再びふたりの日常を始めていくしかありません。

でも、浮気によって妻が受けた苦しみ、悲しみ、裏切られたことによる心の傷は、夫の想像をはるかに超えていて、夫が思うほどには、すぐに妻の心は癒えていきませんし、簡単に『終わった話』とはなりません。

ある方が以下のようにおっしゃっていました。

『夫は本気でやり直したいと思ってくれています。毎日の生活のなかでも、夫との会話もあるし、休日は一緒に出掛けたりもします。私自身、決して夫への愛情をなくしてしまったわけでもない(と思う、、、)でも、心の中には不安が消えず、心から笑えず、「穏やかな日常を演じている自分」がいるんです……』

そのお気持ちは本当によくわかります。

それでなくても、フラッシュバックで感情が不安定になり、猛烈に怒りがこみあげて夫が許せなくなったり、悲しくてたまらなくなったり、自分で自分をコントロールできなくて、『どうして私ばかりこんなに辛い思いをしなくてはいけないのか』と、理不尽さに気が狂いそうになったり、、、

夫とやりなおしたい。その思いは嘘ではない。

でも、寝る前、布団に入れば、思い出したくもない記憶が無理やり脳内で再生されていく……。

たとえば、夫が相手女性と交わしていた、目を疑うようなLINEのやりとり。

浮気を問いただしたら、開き直って逆切れしてきた夫の顔。

忘れようと努力はしてるけど、夜、眠りに落ちる前は、いつもそれを思い出す。

浮気は終わったはずなのに。

私の苦しみはぜんぜん終わらない。

ぜんぜん楽になんてならないよ。

そんな辛い思いに壊れそうになりながら、必死に耐えている方のなんと多いことか、、、、

でも、多くの男性は、妻の心が置き去りになっていることに気づいていません。

それどころか『もう終わったことなのに!』と妻の様子に不快感をあらわにする夫も少なくありません。

でも、これでは妻の心からはいつまでも不安が消えず、心の傷も癒されず、「苦しみの時間」から抜け出すことができなくなってしまいます。

浮気は、相手との関係が終わるだけではだめなんです。

浮気が終わったからといって、夫婦としてすぐにもとに戻れるわけではないのです。

夫婦として元に戻っていくためには、「心のリハビリ」が必要不可欠といえます。

それは単に時間の経過だけで解決できる問題ではない。

夫が妻の心を理解して受け止め、妻に寄り添っていくなかで、初めて叶うものです。

そして、不安のない状態が日常になるからこそ、疑うことを忘れていくのです。

その状態になって初めて、再び夫の言葉を抵抗なく受け入れることができるようになり、夫の行動がそれに伴っていることを実感していく中で、結果として夫のことが信じられるようになっていくものなのです。