浮気する夫の優柔不断な行動

イラスト 浮気をしている夫に良くあるのが、優しい性格が災いして、相手女性に対して優柔不断な態度をとってしまうということです。

相手女性から、「今度の日曜日はあなたと〇〇に行きたい」とか「この日だけは私に付き合って欲しい」とか言われたら、内心は、「やばいな。その日はカミさんと約束があるのに・・・・」と思っても、無下に断ることもできず、結局、彼女につきあってしまう。

まさに、「あちら立てればこちらが立たぬ』といった状態で、浮気をしている夫というのは、妻と相手女性の板挟みになり、どちらを取るかという選択を絶えず迫られているわけです。

相手女性から甘えられ、好きと言われ、「オレがそばにいてあげないと……」と変な義務感で相手の言うことを聞いてしまう夫。

それが誕生日とか結婚記念日とかクリスマスのように、その日自体に何らかの意味があるような場合は余計にそうです。

しかも、そういう時に限って、妻からも『今日は早く帰ってきてね』なんて言われていたりしますからね。

相手女性の要求を断れなければ、妻に対してその分、必然的に嘘をいったり、隠し事をすることになり、浮気は泥沼化していきます。

また、こういうおとなしい夫に限って、相手女性のほうは強気で自己主張するタイプだったりして、力関係が相手女性のほうが強くなってしまうこともよくあります。

もちろんこれは、夫自身の「自業自得」ということもあります。

不倫が始まった当初に、「妻とはうまくいってないんだ」とか「離婚を考えているから、そしたら一緒になろう」なんて具合に、相手女性に聞こえのいいことを言ってしまっていると、相手もその言葉を真に受けてしまうんです。

そして、いつまでたっても煮え切らない彼(あなたのご主人)の態度に対して、『私とあっち(妻)とどっちをとるの?』とか『はやく一緒になりたい』とか、『いいかげん、さっさと奥さんと離婚してよ』などと揺さぶりをかけられて、気がついたときには相手女性のあやつり人形のようになっている、なんていうケースも少なくありません。

そうなるともう、自分が離婚したいかどうかではなく、相手女性の望むとおりにしなくてはいけない気持ちになって、ロクに覚悟もないままに妻に離婚を切り出してきたり、「もうどうしていいかわからない。自由になりたい。ひとりになりたい」と現実逃避に及んだりします。

事実、「離婚してくれ」と切り出す夫のうち、それが100%本人の意思であることはあまりなく、どちらかというと、相手の女に『言わされている』場合が目立ちます。

そして、その現状に、実は夫自身が気づいていなかったりすることも多いのです。

問い合わせ