『夫を動かす』ワンポイントアドバイス

これは浮気とは直接関係ない話ですが、夫がいくら言ってもやってくれない、動いてくれなくて、ほとほと困っています、というご相談をいただくことがあります。

それで「どんな風にお願いしていますか?」とお尋ねすると、夫は仕事で疲れているのも理解できるし、悪いとは思うので、「今すぐでなくてもいいんだけど・・・・・・」と遠慮がちにお願いしている方がかなりいらっしゃいます。

でも、男性の脳は、言葉をその額面どおりに受け止める傾向があります。

なので、曖昧な提案や、「今すぐでなくてもいいけど」といった話には反応しません。

今すぐでなくていいなら、今はやらなくていいや、としか思わないのです。

そのくせ、なにかやるには理由が必要だし、口うるさくいえば、うるさいなぁ、としか思いません。

だから、言い方を変えることも一案です。

なかなか動いていくれない夫に対しては、「やってほしい」ではなく、「助けて欲しい」というニュアンスを含めると、男は頼られていると自覚して、重い腰をあげざるを得なくなります。

コツとしては、今すぐやってほしい時は、決して急かすのではなく、「今あなたがこれをしてくれると、私はこれができてすごく助かるんだけど」みたいに理由を言ってあげると、その意義を理解して本人もやる気になりやすいです。

女性からみると、そんなら自分でやったほうが早い、ということもたくさんあると思います。

でも、そうなると男は動きません。

自分がやらなくても問題が解決できると学んでしまうからです。

だから、やらせてなんぼ、なんですよ。

「なんか、めんどくさいわ」

そのとおり。

自分が男のくせに私がいうのもなんですが、男というのは、本当にめんどうくさい生き物なんですよ。

 

❖この記事を読んだ方は、こちらもよく読まれています リストマーク彼の心理~どうして構ってくれないの?

menu15