モラハラ:妻の精神的限界をきっかけに表面化するケース

ひとくちにモラハラといっても、さまざまな『程度』があります。

もともと筋金入りのモラハラ夫で、たとえば「お前なんか何の価値もない」とか「生きてて恥ずかしくないのか」など耳を疑うような言葉を言う男性もいます。

あるいは、些細なことでも「そんなこともわからないのか」と見下したり、「夫に対してはこうするのが当たり前だろ」という一方的な概念でものを言う男性もいます。

言動の程度には差こそあれ、言われた妻のほうは、ひどい言葉を浴びせられているにも関わらず、あまりにそれが日常化していて、ある意味感覚が麻痺してしまい、『私がちゃんとしないから言われるんだ』とか『夫のほうが正しいはずだわ』と自分に言い聞かすようにして、夫の言葉を飲み込んでしまう方もはいます。

ところが、やはり心の中では理不尽さは感じていますから、『どうしてこんな言い方をされるんだろう?』と思いながらも言い返せずに我慢しているなかで、やがて積み重なった精神的苦痛が限界に達して、今までの思いが一気にこみあげて表面化してしまうわけです。

一方、夫のほうは、今まで通りのつもりでいるので、そもそも自分がモラハラをしているという自覚もありません。

逆に、今までなんでもなかったのに、どうして急にモラハラとか言って、しかも夫婦関係がギクシャクしてしまったんだろう?と夫自身も事態がつかめず、困惑していることもあります。

この状況を好転させるには、夫が自分の行為がモラハラであるという自覚を持つことと、自分の口にする言葉や示す行動が、相手にとって大きな影響を与え、人間関係を破壊しかねないということを自覚することが必要です。

モラハラ加害者は、おおむね『自己愛性人格障害』といわれ、幼少期に過保護に育てられたり、逆に愛情が足りない中で不安や恐れを抱きながら成長してきたため、精神的に未成熟である人が多いです。

そのため、言い方は悪いかもしれませんが、おとなしくしている何でも思い通りになると考えがちですので、あなたが理不尽と思うことは飲み込んだりせず、納得できないことはできない、ダメなものはダメと自分の意思をはっきり伝えることが必要になってきます。

ただ、これは相手がいることですし、話し合いをしようにも、夫のほうが聞く耳を持とうとしなかったり、何か言えば逆上される危険もありますので、第三者を交えたり、間接的に気づかせる方法などを使って、あなた自身に危害が及んだりしないようにしていくことが大事です。

モラハラに悩まれたときには、解決方法をひとりで探そうとせず、ぜひ電話相談をご利用ください。

問い合わせ