モラハラ:ある日突然豹変する夫

モラハラ夫には、もともとそういう人間性があった場合と、途中からモラハラ化してしまう場合があります。

私が夫婦関係の悩みでご相談いただくケースでは、ある日突然、夫から理不尽に責められたり、自分の行いを正当化するために妻のせいにするようになった事例も少なくありません。

たとえば、東京都のA子さん。

「夫は、仕事の帰りが遅いときにはいつも『今日は遅くなるから夕食はいらないよ』といってくれました。

ところがある日、そう言って出て言った夫が、思いのほか早く帰ってきました。

食事はいらないものと思っていたので、夫の分は用意しておらず、慌てて簡単なおかずを作って食卓に並べたら、『こんなもん食えるか!』と一喝されてしまいました。」

いうまでもないことですが、こういう場合にA子さんには何の落ち度もありません。

早く帰るなら帰ると、一言メールなり電話なりで連絡して、食事の準備をしてもらえばよいのですし、文句を言うくらいなら外で食事を済ませてくればよいのです。

ところが、自分が理不尽な行動をしつつも、まるで許しがたい仕打ちを受けたようにA子さんを責めたてる……突然豹変するモラハラ夫の典型的な行動です。

でも、普段は穏やかな夫で、A子さんに暴言を吐くことなどなかったのに、どうして突然、これほどまでに豹変してしまうのでしょうか。

怒りというのは、ある形をもって表面化します。

これは男性の性格、人格的に成熟しているかどうかにもよりますが、たとえば、会社に行きたくないというストレス、夫婦の中で意思疎通がうまく行かない不満、何かわからないけどイライラする、みたいな要因から生み出される怒りは、大声で叫ぶ、殴る、物を壊すなどの単純行為ではなかなか発散できないタイプの男性もいます。

そういう男性は、理不尽なのはわかっているけれど、自分よりも弱いと思える立場の相手に対して、わざと相手の考えと真逆のことを言って攻撃する傾向があるのです。

これは必ずしも夫婦間ばかりであることではないです。

たとえば、職場の部下に対して、お店の店員に対して、駅員や警備員に対して同様な行為をしてくる人もいます。

ですが、少なくても夫婦間においては、互いに対等であるという基本的な夫婦のあり方の部分からズレてしまっているわけなので、ご主人側の意識の修正を図っていくことはとても大切です。

ではどうやって、その意識を修正していくか。

モラハラをする男性は、精神科などの専門分野においては、DV(暴力)を振るう男性と同じように、自己愛性人格障害という見方をします。

でも、その男性が抱いている怒りや不満やストレスの原因が何なのか、あるいはそのときの夫心理について明確に把握することはとても大切なことだと思います。

モラハラというのは、表面上に出てきた現象にすぎませんので、その背景や感情の根底にある夫の心情や思考の傾向を理解することで、対応の仕方も見えてきます。

問い合わせ