単身赴任中の夫の浮気を予防する

単身赴任中の夫は、仕事で疲れて帰ってきても、あかりはついてなく、妻と子供の「おかえりなさい」などの明るい声も聞けず、妻には大丈夫と言っていても、実のところ、寂しい思いを募らせている男性も少なくありません。

そんな中、仕事で、あるいは毎回食事に行くお店で、ふとしたきっかけで女性に好意を抱かれてしまったとき、どういう流れになるかは誰でも想像がつきます。

つまり、単身赴任中というのは、浮気をしたくなる、できるといった環境が整っているということです。

それを踏まえたうえで、単身赴任中の浮気を防ぐには、どんなことを心がければいいのか、いくつかのポイントを挙げてみます。

①離れていても、夫婦で共有できる時間をつくる(電話だと、夫が電話をかけてきたときに、妻が入浴中だったり、子どもを寝かしつけていたなど、タイミングがあわないことがあります。忙しい時には、つい妻もそっけなく応対しがちになり、かえって夫は孤独感を募らせてしまうことがあります)

その点、SNSですと、お互いに余裕のあるコミュニケーションがとれます。

ブログやSNSで状況を発信し、コメントをするといった感じで、お互いに別のところで生活していても、ちゃんとそばにいるということを常にアピールする。

②単身赴任中の夫の部屋に家族の写真や子どもの書いたパパの絵などを飾る1人でいる寂しさが緩和されるとともに、家族のために頑張ろうという励みになります。

また、浮気の歯止めの役目としても有効です。

最近は写真を自動的に差し替えながら表示させるフォトフレームなどもありますので、プレゼントするのもよいでしょう。

③夫が帰ってくるのを待っているだけでなく、たまには会いに行く。SNSなどで、どんなに意思の疎通を図っていても、やっぱり会えるということが、どんなツールよりも深~いコミュニケーションをとる方法です。そして、帰るときには、単身赴任で頑張っている夫に対して、労をねぎらう言葉やありがとうの言葉を残して帰りましょう。

夫婦で大切な『相手を思いやる言葉』を口に出すことは、とても大切なことです。

そして、単身赴任先の夫がどんな生活をしているのかを見れるとともに、万が一、浮気をしているような場合も、その兆候に気づきやすくなります。

できれば何泊かできるとなおよいです。

④いつも夫のことを信頼しているよ、ということを、自然体でアピールするもしも他の女性から好意を示されたような場合に、その瀬戸際で「自分を信じてくれている妻を裏切れない」という意思のブレーキがかかること。そうした信頼感をできるだけ保つことが、浮気を予防するうえでもたいへん重要です。

男性は、100%信頼してくれている妻を裏切りにくいという傾向があります。

もしも他の女性から好意を示されたような場合に、その瀬戸際で「自分を信じてくれている妻を裏切れない」という意思のブレーキがかかること。そうした信頼感をできるだけ保つことが、浮気を予防するうえでもたいへん重要です。

 

❖この記事を読んだ方は、こちらもよく読まれています リストマーク実例 わたしはこうして夫の浮気を見抜いた!

menu15