浮気の証拠写真を見つけたとき

【クライアント様のご相談例】

主人と女性がくっついて、恋人同士のようにしか見えない写真を見つけました!

浮気の証拠として、これだけで問い詰めて大丈夫でしょうか?

【ワンポイントアドバイス】
イラストその写真が、たとえばラブホテルの中だとか、キスしているとか、抱き合っているといったものならともかく、単に仲のよい感じて写っているとか、腕を組んで歩いている程度ですと、問い詰めたとしても、『酔っていてよく覚えてない。キャバ嬢だと思う』とか、『女友達とふざけて撮っただけ』など、言い逃れをされてしまう可能性が高いです。

でも、どうしてもその写真しかなくて、イチかバチかで問い詰めるしかないということでしたら、問い詰める前に、その写真をよく観察してください。

そして、写真に写っているご主人の服装、体型、髪の長さなどから推察して、それがどのくらい前に撮られたものか、季節はいつごろか、場所はどんなところかなどを推察してみてください。

そして、そのころと時期を同じくして、ご主人の行動に不審なことがなかったか、帰宅が異常に遅かったことはなかったか、新しい服や靴を欲しがったり、持ち物にこだわっていなかったかなど、あなたが思い当たるふしがないか、思い出しててください。

もしかしたら、ピンとくることがあるかもしれません。

ご主人と話をされるときには、あなたの感情を表に出さないようにして、なるべく静かに、淡々とした感じで問いただすようにしたほうがよいです。

イラストそして、ご主人の表情、目の動きなどをよくチェックしてください。

写真を見た瞬間、表情がこわばったり、目が大きく見開かれたり、すぐにそれを奪い取ってくしゃくしゃにしようとしたり、無意識に感情をカムフラージュしようとしたりします。

また、その写真について何か言い訳をしようとする以上、ご主人は必ず嘘を言うはずです。

写真からあなたが読み取った情報と、ご主人の言うことにズレがあったら、それは嘘である可能性が高いです。

たとえば、写真のなかで着ているシャツは今年の春に買ったものなのに、「それは去年の忘年会だよ」などと、とっさに言ったりするものです。

そのために、写真からの情報を得ておくことが必要なんです。

そして、嘘を言ってることが確信できたら、「もう嘘は言わないで。本当のことを話してほしい」と冷静に話をしていきます。

写真自体を見せて、浮気を認めさせるというよりも、言い逃れのためについた嘘を見抜いて、嘘がパレていると観念させることで、本当のことを話すようにもっていくこともひとつの方法です。

問い合わせ