離婚にともなう子どもの問題 その2

私のもとには、浮気問題から離婚をお考えになる方からのご相談も数多く寄せられています。

お話を伺っていると、離婚によって、子供との関係が悪化してしまうのではないか、寂しい思いをしたり、不憫な思いをするのではないか、いじめにあったり、登校拒否になってしまうのではないか、将来、就職や結婚にも影響が出るかもしれない・・・・・

そんな思いを抱いて、自分達の選択に苦悩していおられる方が本当に多いです。

でも・・・・・・

確かに、離婚によって子供の幸せが脅かされる恐れは皆無ではありません。

グレて暴力的になり、生活がすさんでいったり、非行に走る子供も実際にいます。

ですが一方で、たとえ離婚しても、離れ離れになったとしても、そんなことはまったく関係なく、いままで以上に、より深い絆を築いている親子も大勢います。

親の離婚を経験してもなお、両方の親を愛し、自分もまた愛されていることを実感し、幸せに生きている子供もいます。

同じ「離婚」という道をたどりながらも、まったく異なる結果を導き出している親子がいるのです。

その違いは、いったいどこからくるのでしょうか。

離婚は、親子関係にも少なからず影響を与えます。

お子さんが小さなうちは、親権はほとんどの場合、母親が持つ形となりますが、ある程度大きくなったお子さんは、自分の意思もはっきり示してきますし、場合によっては、あなたがひとりで家を出ていかなければいけないことだってあるかもしれません。

そうなったら、ときどきしかお子さんの顔を見たり、話したりすることができなくなるかもしれません。

もしかしたら、誕生日や成人式を一緒に祝ってあげることができなくなるかもしれません。

あるいは、結婚式に参列できないかもしれません。

でも、それでもあなたは、お子さんにとってかけがえのないお母さんであることに変わりはないのです。

あなたのお子さんはやがて成人し、誰かと出会い、結婚し、ひとつの家庭を持つことになるでしょう。

お子さんにはやがて子供が授かり、あなたに孫の知らせを伝えてくるでしょう。

あなたがお子さんとのつながりを大切にしていれば、孫の顔を見せに来るようになるでしょう。

あなたが離婚していようが、いなかろうが関係なく、孫はあなたのことを「ばあちゃん、ばあちゃん」と呼んで歩み寄ってくるでしょう。

その光景を思い浮かべてみてください。

幸せだと思います。

その幸せを失わないために、あなたは子供との関係を大切に持ち続けなければいけないのです。

あなたの人生はあなたのものです。

あなたにとって離婚が人生を左右する重大な問題であるように、あなたのお子さんにとっても、あなた方の離婚は、天地を揺るがすほどの大問題です。

そしてまた、両方の親から変わらずに愛情を受け続けたいと願っているものです。

子供は親の離婚によって、どちらかの親と離れて暮らすことは避けられなくなります。

でも、子供にとって、どちらの親もこの世で唯一のお父さん、お母さんであることに変わりはないのです。

どちらの親に、ではなく、どちらの親にも、いつまでも愛していて欲しい、やさしくして欲しい、誕生日や成人式、結婚式があれば祝って欲しいし、特別なことがなくても、電話や手紙が欲しい、親同士が悪口を言ったり、争ったりしないで欲しいと願っています。

私は、離婚すること自体は、あなたを不幸にする要素だとは思っていません。

離婚はあなたにとって、必要な選択である場合もあるからです。

ただ、あなたが親権を持つか、持たないか、お子さんと同居するか、しないかに関わらず、あなたとお子さんとの絆は、決して失ってはいけないと考えています。

お子さんとのつながり、信頼関係、親子の絆なくして、あなたが幸せな離婚後の暮らしを迎えることはありえないのです。

子供を失う、ということを離婚の代償にしてはいけません。

なぜなら、あなたの心が、それに耐えられるはずがないからです。

離婚しても、あなたのお子さんへの思いは変わらないはずです。

それどころか、いまよりもっと深い愛しさを感じるようになるでしょう。

その、あなたの愛情が、お子さんに余すところなく伝わるように、そして、お子さんがあなたの一番の理解者でありつづけるように、あなたもまた、お子さんの心をしっかりと受け止めてあげてください。

お子さんは、あなたを信じています。

あなたが与えてくれる愛情を信じています。

あなたが歩む、あなたの未来を信じています。

あなたも、お子さんとの親子の絆、信頼、愛情、それから、お互いが大切であり続ける未来を信じていますよね?

それなら、大丈夫です。

胸を張って、あなたは、あなたの道を歩んでください。

あなたの幸せが、お子さんの幸せでもあるのです。

そのことをどうか、心に留めておいてくださいね。

問い合わせ