離婚相談:あなたを幸せにするリコンのかたち①

突然ですが、あなたがご結婚を決意された時、仲の良いお友達に、「実はわたし、結婚しようと思うんだけど」と打ち明けたとき、お友達はなんて言ってくれましたか?

きっと、「え~っ、結婚するの?!おめでとう!!」と、心から祝福をおくってくれたことでしょう。

それだけ結婚には、希望、喜びのイメージがありますし、『結婚』という言葉からは、、愛、幸せ、未来……そんな明るい言葉が連想されてくると思います。

ではもし、今からお友達の携帯に電話をして、「実はわたし、離婚しようと思うんだけど」と打ち明けたとしたら、どうでしょう?

おそらく、「えっ、どうして?何かあったの?イラスト」と突然のことに驚き、心配して、理由を聞いてくるでしょうね。

そして、理由を聞いた後には、「う~ん、気持ちはわかるけど、やっぱり離婚なんてやめたほうがいいんじゃない?とか」、「もっと冷静に二人でよく話し合って・・・」と、考えなおすように説得されるのではないでしょうか。

それだけ離婚には、悲しみや苦悩といった重いイメージがありますし、離婚という言葉からは、破局、別れ、慰謝料、裁判・・・・・・そんな穏やかでない言葉が連想されてきますね。

ですからもちろん、お友達がそう言うのは、無理のないことです。

「離婚なんて、そんな簡単に考えるものじゃないわ」と、普通、誰でもそう言います。

私自身、浮気という試練を克服できたことにより、より一層夫婦愛が深まっていることを、身をもって実感している一人ですので、決して離婚を推奨しているわけではありません。

それに、これを読まれているあなただって、結婚を決めたときには、「私はこの人を愛している。生涯を共にして、幸せになりたい!」と思ってご結婚なさったはずです。

それだけ結婚は、あなたが幸せの階段を上っていくための、人生の一大イベントだったはずなのです。

でも、そのあなたが、いま、離婚について真剣に考えておられる。

その背景には、あなたがそう考えざるを得なかった、よほどの理由や事情がおありになるのでしょう。

それがどれほど辛く苦しいものであるか、私も専門家として真剣に受け止めています。

ですらか、冒頭のお友達ではないですが『離婚なんてやめたほうがいいですよ。夫婦仲良しがイチバン。もっと冷静に二人で話しあって……』といった当たら触りのないアドバイスをしても、あなたにとって何の助けにもならないでしょう。

だって、離婚なんてしなくて済むなら、しないほうがいいに決まっています。

そんなことはあなたご自身か一番よくわかっておられることですよね?

それでもあなたは今、離婚を考えなければいけない状況にある。

あなた自身の幸せのために、あるいは子供や家族の幸せのために、その選択を迫られている、ということでしょう?

同時に、あなたは、幸せになるためにご結婚されたわけですから、 (続きはこちら)

問い合わせ