夫婦や恋人が仲良くなるコツ:男と女の思考の違い(続き)

(前はこちら)

それは決して、あなたの話を聞きたくないとか、あなたの話がつまらないとか、あなたの話を聞くことがムダだとか、あなたをムッとさせたいとか、ケンカを売っているとか、そういうことではないんです。

あなたがなぜそんな話をするのか、本当に彼は理解できずにいるだけなんです。

たとえて言うなら、女性の話は、ドライブ好きの若者に似ています。

ドライブ好きの若者は、目的地など特に決まってなくても、愛車で一日中街中を流したり、どこかを一晩中走り回ったりします。

彼らは、そもそも運転を楽しむこと自体が目的なので、どこに行くかが決まっていなくても、充分に満足できるのです。

一方、男性の脳はバスやトラックの運転手に似ています。

バスやトラックの運転手は、自分が運転するのは、お客や荷物も目的の場所に運び、自分の責任を全うするという使命感や義務感によって運転しています。

要するに仕事だから乗っているわけで、何時までにどこに何を運んでいくかがはっきりして、そのたイラストめに車を運転しています。

もしもトラックの運転手に、「この荷物、どこに持って行っていいかわからないんだけど、お願いしてもいいですか?」なんて言ったら、たぶん、無視されるか、悪くすれば、殴られます。

彼があなたにアドバイスをしようとしていることは、彼の愛情の表れであることを理解してあげてください。

良いアドバイスを与えようとすることは、あなたの抱えている問題を解決してあげたいと思っているからです。

だから、あなたは彼にこういってあげてください。

「私はあなたに今日あったことを話したいのだけど、あなたは聞いてくれるだけでいいの。

共感してもらえるだけで幸せなの。

もしもあなたからアドバイスが欲しいときは、ちゃんとそうお願いするわね」

このように彼にどうしてほしいのかを明確に伝えることで、彼は自分がどうしたらよいかで困惑しなくて済みます。

そして、ただ黙って話しを聞いてあげて、あなたの思いに共感してあげることが、実はとても意味のある、大事なことなのだと理解していくのです。

問い合わせ