夫の浮気が始まるとき

男の浮気には、本人が求めて始まるものと、求めずして始まってしまうものがあります。

求めて始まる浮気は、『妻とは違った恋心やロマンスを感じさせてくれる相手が欲しい』とか、『妻が構ってくれない寂しさを埋めたい』とか、単純に『セックスしたい』『遊びたい』といった思いから始まっていきます。

浮気性の男性などは、おおむねこのタイプです。

彼らにとって、他の女性のところに行くのは、例えて言えば犬が散歩にいくようなもので、どちらかというと動物的習性に近いものがあります。

よく『ウワキは男の甲斐性だ』とか、『男は本能的に浮気をするものだ』という持論を展開される男性がいますが、彼らは浮気という行為自体をごく自然に受け入れているために、妻への裏切りだとかいったことも考えていませんし、本人もそのつもりはまったくなかったりします。

当然、悩んだり思いつめたり、食欲不振になったり、夢でうなされることもありません。

ただ、妻に問い詰められたりするのがめんどくさいし、自由に行動できなくなるのが嫌なので、浮気していることは隠しますし、バレそうになるといろいろと嘘をついたり、ごまかそうとします。

ところが内心は、妻に問い詰められても、反省したり申し訳ないと思うよりは、『浮気ぐらいでウルサイなぁ』とか、『めんどくさいな」と思う程度で、あまり真剣に受け止めようとはしません。

一方、求めずして始まる浮気は、本人にそのつもりがないなかで、『気が付いたら彼女のことが好きになっていた』というように、心の中に相手の存在がどんどん大きくなっていく傾向があります。

自分では『こんなことはいけないことだ』とわかっているし、『これが妻に知られたらどうなるか』といったことにも考えが及んでいます。

でも、わかってはいるけど、相手のことを思わずにいられない、気がつくと彼女のことばかり考えている、といった状態になります。

そのため、本人は妻に対してかなり罪悪感や後ろめたさを感じています。

同時に、妻と相手女性の両方とうまくやりたい、両方とも大事にしたいと考えて、自分の浮気で自分自身がストレスを感じてしまい、悩んだり、思いつめたりすることもあります。

いってみれば、真面目に相手のことが好きになってしまうのです。

だから、かえって深入りしやすいし、ズルズルと長引いてしまうことも少なくありません。

このように、自ら求めて始まる浮気と、求めずして始まる浮気とでは、浮気をしているときに抱く心理や行動の傾向も大きく違います。

そのため、妻としてあなたが取るべき行動や接し方についても、夫のタイプや状況をよく見極めて、対応の仕方を考えていくことが大切です

問い合わせ