夫とコミュニケーションを取りたい時

夫婦間のコミュニケーション不足に悩んでいる方は結構多いです。

特に、もともと口数の少ないご主人の場合、あまり自分から話をすることもないですし、話しかけても返事が淡白で、会話が続かないということあります。

また、あなたがじっくりと話をしようとすればするほど、彼は避けるように逃げてしまったり、話を切り上げられてしまうこともあるかもしれません。

そんなご主人に対して、『どうして私の話を聞いてくれないの?』とか『私の気持ちなんてどうでもいいのね?』と思うことがあったときには、次のことを思い出してください。

①ご主人が、あなたの言葉をじっくり聞くのは、30秒が限界です。

②ご主人に話をするときは、週刊誌や新聞の見出しのように、簡潔にテーマがわかるようにして、できれば25文字以内にまとめてください。

もちろん、それでなくては話ができない、と言っているのではありません。

ただ、わかっていただきたいことは、今あなたが、「え゛?なにそれ、めんどくさい、なんでそんなことを考えながら話をしなきゃいけないの?」と思うように、ご主人のほうも、あなたの話を聞いているときに、「え゛?なにそれ、わけわかんない、それで結局、おまえは何が言いたいんだよ?」と思っているということです。

これは、女性の脳と男性の脳の構造が、根本的に違っていることも要因のひとつです。

女性は右脳と左脳を同時に使うことができますので、たとえば話をするときに、言葉を口にしながら自分の考えをまとめ、同時に自己分析までできてしまいますが、男性の脳は、いわゆる「解決脳」ですので、相手がどういうテーマで何を言っていて、どういう答えを望んでいるのかを察知して、それに対しどういう言葉でどう伝えるかが決まってからでないと、口から言葉として出てこないのです。

(ただし、訓練された男性は別です。たとえば、アドリブの効く司会者のように、瞬間的に言葉が出てくる人もいます。あくまで夫婦関係における一般的な男性の場合、その傾向があるということです)

なので、女性からみると、男性が急に黙りこくってしまったときに、怒って無視しているとか、わざと口を利かないようにしていると思いがちですが、彼にしてみると、単に思考がフリーズして、何を言っていいかわからないだけということがよくあります。

 

でも逆に、男性の脳がそういうものだとわかってしまえば、もうあなたはイライラする必要はなく、「ああ、きっと今は、考えをまとめている最中なんだな」と思って、少し余裕をもってご主人と向き合えるようになると思います。

 

問い合わせ