夫の浮気がもとで夫婦喧嘩が絶えない

『夫の浮気がもとで喧嘩が絶えません』というクライアント様がいます。
イラスト
浮気が原因で喧嘩が絶えないのか、喧嘩が絶えないから浮気をする(される)のかは定かではありませんが、話し合いが口論になり、口論が喧嘩になるという図式はあるようです。

喧嘩というのは、きわめて感情的なものですが、冷静に話し合っていれば喧嘩にならないということでもありません。

実は、喧嘩を誘発する言葉というのがあります。

たとえば、話し合いで平行性になってしまったりしたとき、『あなたのそういうところが嫌なのよ』とか『あなたはいつもそうよね』とか『私だったらこんなことしないわとか』『あなたにはわからないかもしれないけど』とか何気なくつい言ってしまう言葉。

まだまだあると思いますが、こういう言葉には、実は、ある共通点があります。

それは、一見、相手の『行動』を批判しているように見えて、実は『人格』を批判しているということです。

人は、行動だけを批判された場合は、反省はしても、心が傷つくことはあまりありません。

たとえば、二日続けて寝坊をして『また寝坊!?』なんて怒られても、内心は『まぁ、いいか。しょうがない』と思っていたりします。
イラスト
でも、『私だったら寝坊なんかしないわ』などと言われると、寝坊した行為そのものよりも、相手の人格に対する批判が強くなります。

人は、人格を批判されたり、否定されることをとても怖れます。

まして、夫や妻というのは、自分の一番近くにいる存在ですから、他人から何か言われたのとはワケが違います。

『今の言葉は聞き捨てならねぇ!何が何でも撤回しろ!』みたいな感情が沸き起こります。

ですので、話し合いをするとき、感情的にならないということはもちろんですが、発する言葉についても、相手の人格を否定するのではなく、なるべく行動だけを切り取って話をするほうがいいです。

そのほうが相手も自分の非を認めやすいですし、喧嘩がエスカレートすることも防げるはずです。

 

❖この記事を読んだ方は、こちらもよく読まれています リストマーク夫婦喧嘩から浮気?

問い合わせ