夫の浮気:不倫の嘘の確かめ方(携帯メール&カマかけ編)

夫の浮気を直感的に怪しいと思って、こっそり携帯をチェックしたら、はじめのうちはちゃんと見ることができたんだけど、妻の不自然なそぶりから、夫が警戒してロックをするようになってしまった、という話をよく聞きます。
イラスト
いちど警戒されてしまうと、メールを確かめたりするのもなかなか大変になってしまうので、くれぐれも気づかれないように、冷静にお願いしますね。

さて、携帯をチェックして、相手女性のメールが見つかったら、すばやくその内容を確認します。

そして、そのなかに、『今日のデート、楽しかったよ』とか、『ネックレスありがとう。すごく嬉しかった』などといった、明らかに夫と接触があったと推測できるメールがあれば、その日付と時間を確認します。

もしかしたら、そのとき、あなたのご主人は、『急に仕事が入ったから、明日は会社に行く』とか、『今日は残業で遅くなる』などと言って帰宅が深夜になっていませんか?

もしそうなら、あなたのご主人は計画的にあなたに嘘を言って、相手女性と会う時間を作っていたことになります。

また、『今度の旅行、とっても楽しみ』なんてメールがあれば、ご主人が急な出張や休日出勤の予定を言ってくる可能性がありますので、よく注意しておくようにしてください。

これらのメールは、できれば携帯画面に表示させて、証拠に撮影しておくことをお勧めします。

デートや旅行で遠方にいく可能性がある場合、天気の突然の雨や気候の変化について、あとからそれとなく聞いてみる、というのも嘘を見破る方法として有効です。

たとえば、東京から大阪に出張だと嘘をついて、浮気相手と伊豆へデートをしていた夫がいたとします。

するとご主人は、その日に大阪でにわか雨があったとか、急に雷が鳴ったなどの、細かな天候の変化についてはまず知らないはずです。

そこで、ご主人が帰宅されてから、『そういえば大阪はすごい雷雨があったそうね。急に降ってきて大変だったでしょ?』などとカマをかけると、『ああ・・・・うん、参ったよ~』などとあなたの話にあわせて嘘をつき、自分からボロを出してくる可能性があります。

こうした自分が予期せずとっさにつく嘘は計画性がありません。言ってみれば無防備の嘘です。
イラスト
そういう嘘をあえて言わせて、そのときの答えや反応などを確かめながら、状況証拠もひとつひとつ積み上げていって、事実の断片をつなぎあわせておくことが大事です。

ただし、もし嘘だと気づいたとしても、不用意に『それって、嘘よね?』などと言ってはダメです。

嘘をついているということがわかっても、ギリギリまで伏せておくようにしてください。

そして、 あなたの夫がどういう嘘をついているか、冷静に検証してみてください。

人がつく嘘には、必ずパターンがあります。

あなたの夫がどういう嘘をつくか、そのクセを見抜いてしまえば、何かあれば直感的に、『あ、また嘘ついてる!』と思うでしょうし、だまされることはなくなります。

そして、逆にその日にあわせてあなたのほうからカマを掛けてみたり、証拠をとる準備をしておくことができるわけです。 注意していただきたいのは、嘘を言っている、という行為自体に気をとられすぎないことです。

大事なのは、嘘を突いて何をしようとしていたのか、どうして嘘をつく必要があったのか、その理由です。そして、嘘の後ろには必ず隠れた真実があります。

どうやって嘘を見やぶるか、また、嘘が判明したときに、そこからどう夫に切り出していくかなどについては、決まったパターンがあるわけではないので、状況にあわせて考えて対処していくことがとても大事です。

問い合わせ