浮気悩み:浮気が本当に終わった時

夫の浮気に悩み苦しんで、お電話をくださる方の中には、『夫はもう浮気はしていないと思います。少なくても今はもう、その女性とは連絡も取ってないし、会ってもいないことは確実なのだけれど、それでも私の気持ちが少しも楽にならないし、終わったように思えないんです』と訴えてこられるかたもいらっしゃいます。

本当なら、もう不安を感じる必要もないし、元通りの仲のよい夫婦に戻れるはずなのですが、妻の心がそれを許さない現実があるのです。

それは、夫の浮気によって、妻の心は裏切られた思いで深く傷つき、自信をなくして、今でも夫を信じることができなくて、疲れ果ててボロボロになっている状態だからです。

一方、夫のほうは、相手女性と別れて、毎日まじめに家族のもとに帰り、今までの償いを込めて妻に優しく接したり、気遣いを見せて、できることは精一杯やっているつもりでいます。

そして彼の中では『相手女性とは別れたし、妻にも謝罪をしたし、これでもう夫婦として元に戻れるだろう』と、浮気を過去のことにできると考えています。

でも、たとえば学校のいじめ問題などでもよく言われることですが、傷つけた側と、傷つけられた側では、その記憶に非常に大きな温度差があります。

妻のほうは、過去の夫がした行為についてどうしても許すことができず、ある意味、そこから妻の新たな苦しみが始まってしまうのです。

傷をつけられた側の心が元に戻るには、長いリハビリ期間が必要ですし、それは傷つけた側の想像をはるかに超えるものです。

不倫問題でも、同じことが言えます。

夫にとっては過去のことでも、妻にとっては、浮気をしていた時の夫の態度や言動、女性との関係をことあるごとに思い出し、フラッシュバックに苦しみます。

夫の前には、笑顔を忘れた妻、何を言っても信じてくれなくなった妻、突然怒り、泣き、不審と疑念をぶつける妻の姿があります。

もちろん妻自身も夫を責めたいわけではないのですが、フラッシュバックによるストレスが臨界点を超えて、自分でも止められないほどに感情が暴走して、今ここで言わなくてもいいようなことを言って夫をなじったり、あのときあなたはこんな嘘を言った、こんなふうに私を裏切ったと、無性に責め立てたくなってしまうのです。

ところがこのとき、夫は妻がどれほどの苦しみの中にいるかをほとんど理解しておらず、中には「また蒸し返す気か」と逆ギレしたあげく、わかりあうための努力することを投げ出してしまう夫もいます。

そうして、現実には夫は浮気をやめたにもかかわらず、互いの悩みはかえって深まり、夫婦の中がますます最悪なものになってしまうこともあります。

ここをどう乗り切るかが浮気を乗り越えるための夫婦の課題でもあります。

これは決してたやすい道ではありません。

でも、ここを本当に二人で頑張って、悩みながらも本当の意味で浮気を終わらせて、穏やかな生活に戻られた方を私はたくさん知っています。

どちらか片方だけが頑張ったり、どちらか片方だけが耐えたりするのではなく、互いの心を理解して、妻も夫の浮気によって苦しみ、夫も浮気によって失った夫婦関係を取り戻すために悩み、それを取り戻したいという思いで一つになっていくことが必要です。

これは私がご夫婦揃っての電話コンサルティングをさせていただくときに感じることですが、ご夫婦の間で、うまくやっていきたいんだけれど、思いがうまく通じず、誤解やすれ違いが生じていたり、互いに頑張っているんだけれど、その方向がズレていて、互いに疲れ果ててしまっていることが本当によくあります。

ご相談の中でそのズレを補正し、お互いの気持ちや誤解していた部分に気づくことによって、そこから先はスピード感をもって夫婦関係の修復ができるようになります。

 

❖この記事を読んだ方は、こちらもよく読まれています リストマーク夫婦関係修復のために必要なこと