浮気相手の住民票や戸籍謄本は取得可能か?

サイトマップ夫の浮気相手がどこの誰なのか確かめたい、という場合に、いちばん簡単な調べ方としては、ご主人の携帯の発着信履歴や、毎月送られてくる利用明細から、怪しい相手の電話番号を割り出すという方法です。

浮気相手とは必然的に通話する回数や時間が増えていくものですし、だいたい決まった時間帯(出勤時や仕事の休憩時間、退社した直後など)に、電話をかけている場合も多いですから、まずはそうした特徴をチェックして電話番号を絞り込みます。

電話番号がわかれば、そこから相手の名前や住所、生年月日を確かめる方法はあります。

また、相手の本籍や親の氏名住所、既婚か否かなどを確かめたい場合には、相手の住民票や戸籍謄本を取得したいところですが、『浮気相手の住所を知りたい』という理由だけで、あなたが役所の窓口に行っても、それらを発行してもらうことは無理です。

住民票や戸籍謄本を第三者が請求できる条件としては、住民基本台帳法第12条の3および、戸籍法第10条の2に該当する場合に限られます。

■住民基本台帳法第12条の3

市町村長は、当該市町村が備える住民基本台帳について、次に掲げる者から、住民票の写しで基礎証明事項のみが表示されたもの又は住民票記載事項証明書で基礎証明事項に関するものが必要である旨の申出があり、かつ、当該申出を相当と認めるときは、当該申出をする者に当該住民票の写し又は住民票記載事項証明書を交付することができる。

1.自己の権利を行使し、又は自己の義務を履行するために住民票の記載事項を確認する必要がある者

■戸籍法第10条の2

次の各号に掲げる場合に限り、戸籍謄本等の交付の請求をすることができる。

この場合において、当該請求をする者は、それぞれ当該各号に定める事項を明らかにしてこれをしなければならない。

1.自己の権利を行使し、又は自己の義務を履行する為に戸籍の記載事項を確認する必要がある場合

権利又は義務の発生原因及び内容並びに当該権利を行使し、又は当該義務を履行するために戸籍の記載事項の確認を必要とする理由

なにやら難しく書いてますが、つまり、浮気相手がご主人と肉体関係に及んでいる証拠があり、弁護士に慰謝料請求の訴訟代行を委任した場合には、担当の弁護士さんは、必要書類をそろえるため、という理由において、あなたにかわって浮気相手の住民票や戸籍謄本を取ることができる、ということです。

当然、依頼者であるあなたは、相手の名前や住所等について確認することができます。

問い合わせ