浮気した夫の本心を聞きたい

イラスト妻に浮気がバレて、「あなたはどうするつもりなの?」と問われたとき、すんなりと自分の本心を語れる男性は少ないです。

妻に浮気がバレるなんて、人生の中でもあんまりないくらいの最悪の事態ですから、たいていは頭の中がパニックになっていますし、思考停止しています。

「妻にバレてしまった、どうしたらいいんだ」と思っているときに「あなたの本心を聞きたい」といわれても、自分が本当はどうしたいのか、どうすればいいのか、自分自身でもわからない、というのが正直なところだと思います。

だから、問いただしても「わからない」とか「どうでもいいよ」とか「君はどうして欲しいんだ?」と逆に聞いてきたりして、自分で考えることを放棄してしまう男性も少なくありません。

また、中にはむっつりと黙り込んでしまう男性もいます。

女性は、男性が急に黙り込むと、『すごく怒っているみたい』に感じることがあるようですが、こういう場面で黙り込むのは、怒っているというよりも、どう話していいかわからなくて、頭の中ではフル回転で考えているんだけど言葉が出てこない、単にフリーズしているだけ、といったことのほうが多いです。

もともと男性は、女性にくらべて、考えたことを言葉にする時間が余計にかかるようで、自分の考えがまとまらないと、無言になってしまうことがよくあります。

特に優柔不断な男性は、もともと自分で決断することが苦手ですから、なおさらいつまでももたもた考えて、なかなか自分の気持ちを話そうとしません。

そんな彼に、 あなたはついつい、イライラしてしまうことがあるかもしれません。

でも、そこであなたが待ちきれずに「彼女とすぐに別れるって言えないのは、私とはもう無理ってことなんでしょ?」と答えを誘導しようとしたり、マシンガンのように責め立ててしまうと、彼は感情の下にある自分の思いと向き合うことができず、面倒くさくなって「もういいよ」とか「どうせ俺が悪いんだろ」と投げやりになったり、逆ギレして話を打ち切ろうとしてしまうでしょう。

大抵の場合、男性が本心を語るのは、自分でしっかり考えた後ですから、もしも「考え中」の様子だったら、しばらくそのまま考えさせておく、というのも実は意外とよい方法です。

「考えをまとめるのに時間がかかるでしょう?少し外に出てくるね」とあなたのほうが外に散歩にいくとか、別の部屋にいるなどして、30分くらい時間を与えてあげるとよいでしょう。

 

考えがまとまれば、ご主人のほうから言いたいことが出てくるはずからです。

それをゆっくり聞いてあげる、という姿勢もまた、夫の本心を聞き出すときには大事なことです。