夫が逆ギレしたとき

イラスト普段は物静かな夫が、浮気を問い詰めたとたんに、ものすごい剣幕で怒鳴りちらしたり、机を拳で叩いたり、怖い顔であなたを睨み付けて、別人のように豹変してしまうことがあります。

いわゆる『逆ギレ』ですね。

キレられたほうは、びっくりするし怖いし、その時点で話し合いもできないし、何も言えなくなってしまいますよね。(中には、ひるまずに夫以上にキレ返す妻もいますが……)

キレるきっかけはいろいろですが、たとえば携帯を勝手に見られたとか、財布やバッグの中を探られたなど、あなたを倫理的に責めやすい場面で、「逆ギレスイッチ」が入りやすいです。

ご主人が逆ギレするとき、怒りを感じていることは確かですけれど、それ以上に、逆ギレして見せることであなたをひるませ、なんとかして追及を逃れようとする意図が強く働いています。

要は、わざと逆ギレしてあなたを脅かし、立場を逆転させたいわけです。

逆にいえば、あなたはご主人の思惑に乗ることなく、なるべく逆ギレを誘発しないような対応をすることが大事ですが、どんなに気をつけていても、話の途中で突然キレだしてしまうこともあります。

そんなとき、あなたはどう対処したらいいのでしょう?

まず、基本的なスタンスとして、ご主人の思うツボにならないことが大事です。

そのために、やってはいけないことは以下の3つです。

①逆ギレの剣幕に驚いて、すぐに謝ってはいけません

逆ギレに驚いて、あなたがすぐに謝ってしまうと、ご主人の逆ギレ作戦が成功した形となり、あなたとご主人の間で立場が逆転して、あなたが責められる側に陥ってしまうからです。

②夫の勝手な主張をその場で認めたりしてはいけません

浮気を正当化しようとするご主人の主張に対して、あなたが同意すれば、そのあとの対等な話し合いができなくなってしまいます。ご主人の言い分を聞くことは構いませんが、理不尽な主張に安易に同意することは禁物です。

感情的に言い返したりしてはいけません

浮気の解決は、毅然とした態度で淡々と向き合う姿勢が必要です。感情のぶつかり合いは、何も生み出しません。ご主人がエキサイトしているときは、彼の言葉を否定したり、批判することもできるだけ避けましょう。

 

どれも言われてみれば当たり前だと思われることかもしれませんが、それでも、多くの方が間違った対応をしてしまい、状況をさらに悪化させてしまっていることも少なくありませんので、触れさせていただきました。

逆ギレされないで、話し合いをしたいなら・・・・・

イラスト逆ギレした夫を見て、怖さを感じるのは当然です。

でも実は、浮気がバレた夫側も、妻のことを相当、『怖い』と思っています。

自分の浮気が妻にバレてしまうことが、どれだけマズイことになるかは、本人もよくわかっていますからね。

だから、最後の壁一枚で、逆ギレしながら自分を守ろうと必死になっているわけです。

もしもあなたが、夫に逆ギレされないように話し合いをしたい、と思っておられるのであれば、まずは、こうした夫側の心理、逆ギレするときの心情について理解しておくことが大事です。

逆ギレしているとき、ご主人はあなたのことを、自分を攻撃する存在、追い詰める存在として見ています。

要するに、あなたを「敵」として認識しているわけです。

敵として認識されている中で、あなたが敵のごとく振舞えば、ご主人は全力で反撃してくるでしょう。

あなたは彼の敵ではなく、妻という同志であり、理解者であり、守るべき存在です。

だからこそ、あくまでも淡々と、冷静な態度を保つようにしてください。

ご主人を責めるわけではなく、否定するわけでもなく、理解を示せるところは理解しつつ、あなたが絶対に譲れないところは、あくまでも軸を曲げずに、あなたの意思を冷静に伝えることです。

逆ギレは、例えは悪いですが、すれ違いざまにいちゃもんをつけてくるチンピラと同じです。

そんなのとわざわざケンカする必要はありません。

それよりも、逆ギレがあなたに通用しないということを、しっかりと見せてあげないといけないんです。

これは私が常々言っていることですが、浮気をというのは、はじめは相手のほうが主導権をもっています。

でも、浮気を終らせるためには、あなたが主導権を持つ必要があるのです。

その流れをつくるためには、できるだけ感情的なぶつかり合いを排除して、相手の言動に振り回されないように、ご自分の思考を保つように意識してください。

 

イラスト逆ギレの対処のしかたに限らずですが、浮気に直面しているときって、夫に対する態度や接し方が明暗を分けることが多く、『そのとき、どうするか』の連続です。

正しい判断をした上で、結果を見据えた行動をとっていくことによって、かならず状況を好転させる答えが伴い、その積み重ねがご夫婦のこれからを変えていきます。

あなたが今、どんなに辛く、苦しくても、それは決して未来永劫に続いていくものではありませんから、勇気を持って進んでいきましょう。

問い合わせ