夫の浮気:本当のことを知るということ

夫に浮気をやめさせるために、あなたが把握するべき事実は何なのかというと、まず、言うまでもなく相手女性についてです。

たとえば、ご主人が誰と浮気をしているのか、会社の同僚か、サークルや飲み会の友達か、出会い系・水商売の相手か、それとも元カノと焼けぼっくいに火がついたのか、とにかく相手を特定する必要があります。
イラスト
それは、会社の同僚と水商売の相手では、ご主人の相手に対する心情というのも差がありますし、解決していくための対処のしかたがまるで違ってくるからです。

それから、いつ頃から付き合っているのか、浮気がどのくらい進行しているのかを知る必要があります。

最近はフェイスブックなどのソーシャル・ネットワーキング・サービスを介して昔の幼馴染や元カノと再会して、そこから不倫関係に発展するケースも増えています。

また、関係が進行している場合、ふたりがどこで会っているのか、肉体関係はあるのか、あるいは、相手が独身か既婚か、一人暮らしか家族と一緒かなどといった情報も、できるだけ詳しく把握する必要があります。

『そんなこと、どうやって調べればいいの?」と思われるかもしれませんが、実は、これらの情報は、ごく簡単な方法で、お金や時間をかけることなく、自分で調べることができます。

もちろん携帯電話から情報を調べる方法もあります。

最近の携帯電話は、セキュリティもパソコン並みですし、ひと昔前のように、ロックナンバーを解読するソフトなどはまったく使い物になりません。でも、ロックされた携帯電話からでも、その場でメールを読める『裏ワザ』もあります。

『裏ワザなんか使えるの?』と思われるかもしれませんが、これが意外に有効で、最新機種のスマートフォンでも問題なく、多くの方が実際に調べることができています。

また、消去されたメールでも、条件さえあえば、内容を確認できる方法も存在します。

イラスト 携帯以外にも、浮気相手と会っている事実を証明できたり、不貞行為を確認できる方法もあります。

そうした様々な方法を組み合わせて利用していくことで、探偵に高額な費用を払って調査を依頼しなくても、さまざまな証拠を得ることができます。

そして、証拠というのは、ご主人に本当のことを話してもらうときの大事なカードですから、しっかり準備を整えたうえで、タイミングを逃さず用いることが大切です。

たとえば、携帯メールなどを見つけたときに、つい感情的になってしまって、「ちょっとこれ、どういうこと!?」と、その場で問い詰めたくなってしまうことがあるかもしれませんが、できればそこはグッと堪えてください。

そこで問い詰めてしまうと、『勝手に携帯を見やがって!』などと逆ギレされたり、『彼女はただの友達だ』とか、『ふざけてメールを交わしただけ』とか、なんのかんの言い逃れをされて、本当のことはわからずじまいで終わってしまうことが多いです。

言い逃れを許してしまうと、結局、浮気は水面下で進んでいきます。

ですから、証拠が見つかっても、ご主人をいきなり問い詰めたり、嘘を認めさせようとするのではなく、問い詰める前に、さまざまな角度からの『事実の囲い込み』をすることが重要なのです。

そして、ご主人の嘘を利用して事実を固め、最終的に事実を認めざるを得ない状況にもっていくために、証拠を確保して保存しておく、ということもとても大切です。

もちろん、あなたが証拠を確保したときに、その痕跡は残してはいけません。

痕跡を残せば、逆にあなたのほうが、浮気を調べているということをご主人に気づかれる結果となり、余計な警戒心を抱かせてしまうことになってしまいます。

ただ、私のもとにご相談をお寄せくださる方の中にも、『夫にもう問い詰めてしまったんですけど・・・・・手遅れでしょうか?』と、おっしゃる方もいらっしゃいます。

もちろん、そういう方でも、状況にあわせて、浮気を解決していく方法はちゃんとありますし、そのまま放置しているほうが手遅れになってしまいますから、あきらめずに相談してくださいね。

そして、証拠は生ものと同じです。

時間が経てば経つほど、古くなってしまいますし、証拠能力も下がっていきます。

ですから、いたずらに夫や相手女性に時間を与えてはいけません。

時間が経てば、それだけ浮気は進行していきますし、相手との関係が深まっていってしまう危険も高まりますので、迅速に対処していくことも大切です。

問い合わせ