浮気対処・夫との話し合いで主導権を持つ

イラスト

夫の浮気に苦しみ、「こんな辛い日々は、一日も早く終わらせたい」と思いながらも、『言うのが怖くて切り出せない』とか、『どうしていいかわからなくて一日伸ばしにしている』という方もとても多いです。

そして、そんな妻の心配や不安をよそに、浮気をしている男性は、まるで思春期の少年のようです。

特に浮気をはじめたばかりの頃は、とにかく相手女性に夢中になっていて、恋人気分でテンションが高くなっていますから、自分のしていることが悪とも罪とも考えられず、ただ突然の熱病に侵されたように、浮気相手のことばかりを考えています。

でも、だからといって妻に対して愛情がなくなってしまうとか、離婚してでも浮気相手と一緒になりたいと思っているわけではなく、どちらかというと、このまま妻と浮気相手の両方とうまくやっていきたい、現状維持でいたいと考えている男性が多いのです。

そして、相手女性とやりとりするために隠れてメールを打ったり、会う時間をつくるために仕事だ、残業だ、飲み会だと言っては、休日も家を空けたり、帰宅時間が遅くなったりします。

そのたびに、あなたに対して、何らかの嘘をつくようになっていくでしょう。

そして、浮気をしている男性は嘘がバレてないと思っているうちは、軽く問い詰められたくらいでは、まず本当のことは言いません。

妻が苦しんでいる現実すら受け止めることができずに、分が悪くなってくると、「オレのいうことが信じられないのか?」とか、「そんなことを言い出すオマエのほうがおかしい!」などと逆ギレしたり、開き直ったり、無視を決め込んだり、ありえないような言い訳をしてでも、なんとかその場を逃れようとします。

そんな中で話し合いをするためには、まずご主人が事実を認めてくれること

これ以上、ウソをついても通用しないし、ごかましても言い逃れはできないのだと、観念してもらうことです。

ご主人が観念して、初めて本当の話し合いができる状態になるのです。

でも、ほとんど夫は、妻に「浮気してるんでしょ?」とか「女の人、いるよね?」というくらいではまだ誤魔化せると考えます。

ではどういう状態なら夫が観念するのかというと、理想をいえば、相手女性が特定できていることです。

名前やご主人との関係がわかっていて、少なくても、あなたがその気になれば彼女に連絡が取れるような状況にあること。

正直、それは簡単なことではありません。

相手を特定するためには、ある程度の調査をしなければならない事態になることもあります。

そして、あなた自身が浮気の事実を把握して、ご主人が嘘をついても、言い逃れをしようとしても、最終的に事実を認めざるを得ない状態にもっていくことが必要です。

妻に事実を知られていて、これ以上ウソや言い逃れが通用しないことを悟れば、多くの夫は、その時点で嘘をつくことはやめ、浮気を認めるようになっていきます。

そのうえで、ご主人の浮気を責め立てたり、追及しようとするのではなく、妻として、このままでは家庭が壊れてしまうこと、家族の幸せを守りたい思いで、ご主人との話し合いに臨むことが大切です。

 

問い合わせ