相手女性に幻滅する『幻滅期』とは?

浮気が始まって最初の3か月~半年ほどの間は、相手女性に夢中の状態が続きますが、そのあとに(個人差ありますがだいたい半年~1年後くらい)今までのテンションが急に落ちついて、冷静に相手女性を見れるようになる時期があります。

これはいわゆる『幻滅期』というもので、恋愛中の恋人でも同様に起こります。

浮気が始まった当初は、相手女性のことがとにかく好きで、どんなことも許せて、素敵に思えていたのですが、そういうときめきや刺激的な感覚は、ある程度の時間を経ると必ずトーンダウンしていきます。

そして、幻滅期を境に、相手女性のイヤなところや、気持ちが全然合わせられない部分が見えてきて、文字通り『幻滅』していくわけです。

彼女に対する気持ちが落ち着いてくると、逆に『ああ、こういうところは妻のほうがちゃんとしてるな』とか『ここは妻のほうがわかってくれてるな』というふうに、相手女性を見て妻を見直す、というところが出てきます。

そうすると、いままで浮気をして妻のことにほとんど無頓着だった夫が、なんだか急に優しくなったり、スキンシップを求めてきたりして、気持ちを取り戻そうとするようになり、夫の浮気に感づいている妻から見れば、『浮気しておきながら、なんでそんなに優しくできるの?』となるわけです。

いずれにしても、浮気をする男性の心の中においても、妻の存在は簡単になくせるものではありません。

家庭があり、家族がいて、妻との関係も失いたくないと思いながら、フラフラと気持ちが相手女性に行ってしまっているようなケースでは、一時的な気の迷いはあっても、夫婦関係のありかたを見直したり、夫との向き合い方を修正していくことで、最終的には妻のもとに帰ってくるケースもとても多いです。