夫の浮気:離婚したいのに、裁判しても離婚させてくれない・・・

夫の浮気が発覚したとき、「こんな夫とは一緒にいられないわ」と妻のほうから離婚を決心しても、 夫のほうが、「別れたくない。今回だけは許してくれ」と、どうしても応じてくれない場合があります。

この場合、二人での話し合いがまとまらなければ、調停を行うことになります。

イラストそして、調停でも合意できなければ、裁判所に判決を求める、いわゆる裁判離婚となるわけですが、中にはそれでも、離婚できないケースというのがあります。

「なんで裁判所に申し立てても離婚できないの?」と疑問に思ってしまいますが、それは裁判所が訴えに対して、本当に離婚が妥当であるかどうかを判断するためです。

たとえば、夫が浮気したので離婚したい、という妻に対して、夫の浮気は夫婦関係の悪化が背景にあり、夫婦仲が悪くなったのは、経済的理由にあったと裁判所が判断したとします。

すると、経済的理由というのは、どうしても解決できない問題ではないので、そのまま離婚に至るよりも、経済的問題を解決したうえで、夫との夫婦生活を続けることが、妻にとってより幸福ではないか、といったふうに考えられ、一切の事情を考慮したうえで、離婚請求を棄却される場合もあるのです。

このように、夫または妻の努力次第で、まだ離婚が回避できる可能性があると判断された場合に、「まぁまぁ、もう一度、夫婦として頑張ってみなさい」と、裁判所が訴えを退けるということが、まれにあります。

もちろん、裁判所の判断が不服であれば、上告もできますが、裁判でどうしても離婚したいという場合には、あらかじめ、そうした要因についても、対策を考えておいた方がよいですね。

問い合わせ